浅草九劇がオンライン型演劇場としてリニューアル!新しい時代のクリエイティブに挑戦できる環境

大手芸能事務所レプロエンタテインメントは、日本の芸能の聖地・浅草に開業し4年目を迎える劇場・浅草九劇をオンライン型演劇場としてリニューアル。

2017年の開業以来、浅草九劇は、「人を育む劇場」というコンセプトを体現するべく、才能溢れるアーティストやクリエイターとファンを結ぶ劇場として利用されてきた。しかし、昨今の感染症による影響で続々と公演は中止になり、演劇・ライブエンタテインメントの自粛が求められる日々が続いている。この状況下で作品を発表するにあたって、オンラインでの配信は欠かせないと判断。しかし、劇場を利用する人が、それぞれ公演の配信まで準備することは簡単なことではない。そこで、浅草九劇では、作品のオンライン配信が快適にできるような設備とスタッフを常設し、その企画と製作をサポート。舞台芸術に関わる全ての皆様に危機が訪れている中で、今できることは、開業以来続く「人を育む劇場」としてこれからも、アーティストやクリエイター、そしてファンに貢献していきたいということ。新しい時代の新しいクリエイティブに挑戦できる環境を準備し、一緒に創り、より多くの皆様に届けていくために、浅草九劇はオンライン型演劇場というリニューアルを決意。リニューアルに伴い、カメラ(計6台)、スイッチャー、ディスプレイ等の機材を新たに導入し、常設することに。これにより、ライブ配信や収録でのオンライン配信が可能となり、DVDやBlu-rayのパッケージ制作、ネット販売までもワンストップで実現可能となった。また、同機材を使用した、他劇場への出張配信や出張収録も予定している。6月からは、具体的にオンラインコンテンツの企画と製作を進めていく。無観客配信をはじめとした、オンラインでの公演を実施予定とのこと。浅草九劇は、これからも魅力的なエンタテインメントを生み出す劇場であり続ける。


浅草九劇プロデューサー 佐々木弘毅 コメント

浅草九劇は、今まで以上にクリエイターの熱意や努力に寄り添い、作品が生まれる瞬間を見守っていきたいと思います。オンライン配信を通じて「エンタテインメントの再開を心待ちにしているお客様一人ひとりと、クリエイターとが手を取り合うことのできる」、そんな劇場を改めて目指します。そして、いつかまた劇場にお客様が戻ってきてくれることを強く願っています。


浅草九劇のお掃除係・渦巻夫(うず・まきお)出演のプロモーション映像

浅草九劇、オンライン型演劇場としてリニューアルいたします!!

浅草九劇とは

芸能プロダクション・レプロエンタテインメントが、2017年3月に、芸能の聖地である浅草に開業した劇場で、4年目を迎える。「人を育む劇場」を目指し、これまで様々なエンタテインメントを発信してきた。演劇では、ベッド&メイキングスやカンパニーデラシネラ、カムカムミニキーナ、good morning N°5、月刊「根本宗子」といった実力派劇団から、SPOTTEDLIGHT『アルプススタンドのはしの方』や横山拓也作・鄭義信演出『エダニク』、劇団 AUN age『オセロー』といった話題作まで。その他、ダンスパフォーマンスや落語の会、音楽ライブ、アート展示、イベントなど、多種多様なクリエイターが利用してきた。

浅草九劇公式サイト:https://asakusa-kokono.com/

タイトルとURLをコピーしました