北村有起哉、如月蓮、山本一慶、朗読劇『さらば黒き武士』開幕レポート

朗読劇『さらば黒き武士』が10月24日(土)大阪にて開幕した。本作は岡本さとるの原作をもとに岡本自身が上演台本を執筆し、藤間勘十郎(宗家藤間流 八世宗家)が演出を手がける意欲作。戦国時代に織田信長の武士となったアフリカ人・弥助と彼を取り巻く人間模様を朗読と生演奏で紡いでいく。


朝ドラ「エール」出演で話題の北村有起哉が織田信長ほか初の2役を演じ、宝塚歌劇団退団後に初の女性役となった如月蓮、そして演出家デビューを発表した山本一慶の3人が和楽器の生演奏とコラボレーション。藤間勘十郎の演出で心に響く作品となっている。

舞台は北村有起哉、如月蓮、山本一慶の3人で展開、力強い声と和楽器が混ざりあい時に激しく、時に切なくビシビシと身体に響き渡ってくる。北村は織田信長と弥助、正反対の2役に挑戦、さすがの安定感を見せつけた。自身初という2役の演じ分けはぜひ劇場で確認して欲しい。

朗読劇『さらば黒き武士』北村有起哉

宝塚歌劇団退団後、初の女性役として注目の如月蓮。戦乱の世を生きぬいてきた魂の叫びを声に乗せ、外国人でありながらくノ一となった村雨(むらさめ)と読み人を凛々しく演じてみせた。

朗読劇『さらば黒き武士』如月蓮

そして森蘭丸役の山本は、信長と弥助の人生を朗々と語っていく。彼は信長の近習として広く知られているが、弥助の存在により繊細で人間らしさを増していて新しい。それぞれが新たな挑戦と位置付ける朗読劇『さらば黒き武士』。東京公演は2020年10月31日(土)浅草公会堂にて上演される。

朗読劇『さらば黒き武士』山本一慶



令和2年度(第75回)文化庁芸術祭参加公演
朗読劇「さらば黒き武士」

原作(光文社刊)・上演台本:岡本さとる

演出:藤間勘十郎

【出演】
森蘭丸:山本一慶、くノ一村雨・読み人:如月蓮、織田信長・弥助:北村有起哉
鳴物/望月実加子

【公演日程】
東京公演/2020年10月31日(土)12時30分開演 浅草公会堂
※上演時間:1時間20分(休憩なし)

【チケット】
9,500円(全席指定・税込)

企画・製作:アーティストジャパン

詳しくは、アーティストジャパン公式サイトまで:https://artistjapan.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました