【インタビュー】AKB48下尾みう「ファンは推しに似るって本当なんだな」1st写真集を発売!

記事内に広告が含まれています。

2024年2月9日(金)にKADOKAWAより待望の1st写真集『僕だけのもの』を発売するAKB48の下尾みうに、地元の山口県を中心に撮影したという今回の写真集についてインタビューをお願いした。

1st写真集『僕だけのもの』を発売するAKB48下尾みう
1st写真集『僕だけのもの』を発売するAKB48下尾みう

2014年『AKB48 Team 8 全国一斉オーディション』山口県代表として合格して以来、シングル表題曲の選抜メンバーに選出されるなど絶大な人気を誇る下尾みうが満を持して1st写真集を発売。今回の写真集はナチュラルな彼女の魅力をとことん追求し、出身地でもある山口県を中心に撮影。終始リラックスした様子で撮影に臨むことができた。また、アイドルとしての一面とは違った大人っぽい表情も収録。可愛らしい水着カットはもちろん、大人っぽい私服姿、セクシーなランジェリー姿、“初”お風呂カットなど大胆な撮影にもチャレンジ。ファン待望の1冊に仕上がった。

スポンサーリンク


AKB48 下尾みう 写真集『僕だけのもの』インタビュー

AKB48下尾みうにインタビュー
AKB48下尾みうにインタビュー

1st写真集『僕だけのもの』発売おめでとうございます。発売を控えた今の心境を教えてください。

下尾みう:いよいよ世に出ると思うとすごく緊張しますけど、ずっと皆さん見てもらいたかったので、楽しみです。



写真集を出すお話はいつ頃あったのですか?

下尾みう:去年の夏くらいですね。でも、もっと前に事務所を移籍したときから「写真集出したいね」って話をしていたので、ようやく叶ったって感じです。



写真集の撮影に向けて誰か他の人の写真集を参考にしたりしましたか?

下尾みう:上品なセクシーさを出したいと思っていたので、先輩メンバー加藤玲奈さんの写真集『誰かの仕業』が印象に残っていて、露出はすごいんですけど、でも上品で女の子が見ても可愛いなって思う写真集なので素敵だなって見ていました。あと個人的には佐々木希さんのお風呂カットが印象に残っていて、お風呂カットにずっと抵抗があったのですが、佐々木希さんの『かくしごと』を見て挑戦したいと思いました。

下尾みう
下尾みう



写真集を出すって発表してからAKB48メンバーや周りの人からの反応はありましたか?

下尾みう:みんなから楽しみにしてるよってメッセージをたくさんもらいました。特に「なるたおちゃんねる」を一緒にしている、なる(倉野尾成美)と一緒にいたときに今こういう感じなんだよね!って見せて「セクシーだね」って!あと写真集の準備をしてるメンバーが結構いるので、どうだった?とかそういう話をしました。こういう感じで撮影したとかみんなバラバラで話を聞いてなんか面白いなと思いました。



タイトル『僕だけのもの』にかけて、「私だけのもの」にしたいものってありますか?

下尾みう:私だけのものはファンの方ですね。私だけのものであってほしいと思います。でも、私のファンの方はいろんなメンバーのことが好きな人が多くて(笑)。でも私も推しを1人に絞れない人なので、やっぱりファンは推しに似るって本当なんだなって思います。いろんな人の魅力を知ってこそ、推しの可愛さがより感じられるんじゃないかなって個人的には思っています。



秋元先生からの推薦コメントもいただきましたね。

下尾みう:「ジレンマだ」ってなんかAKB48の楽曲の歌詞を思い出すような帯でしたね。『記憶のジレンマ』っていう歌がAKB48の曲にあって。ジレンマっていうあの言葉で、その楽曲のこと思い出して、なんか秋元さんらしいというか、秋元さんの言葉だって改めて感じました。あと、「写真集を買った君の気持ちがよくわかる」って結構太鼓判じゃないのかなって個人的にはすごく思っていて、ってことは秋元さんも買ってくださるのかと(笑)。なんか少し嬉しくなりました。

AKB48下尾みう
下尾みう



地元の山口県で撮影されたそうですが、ファンが写真集の聖地巡礼するならどこがオススメですか?

下尾みう:秋吉台には絶対行って欲しいのですが、旅館っていうか絶対泊まるじゃないですか?旅行って。お勧めなのは長門市の旅館で温泉もすごい良かったし、山口県の日本酒をメインに扱っている日本酒BARが隣接されていて。そこはすごく山口の良さが感じられます。写真集の撮影で泊ったのですが本誌には載っていません。あっでも協力してもらった旅館として載っています。



AKB48の62枚目シングル『アイドルなんかじゃなかったら』。下尾さんがアイドルになってなかったら今、何をしていたでしょう?

下尾みう:アイドルじゃなかったら小学校の先生を目指していたと思います。小学校の先生になりたいと思って中学受験もしていましたし。小学校の先生に憧れがあって、小学校時代に面白い先生がいて、憧れがありました。

下尾みう「アイドルじゃなかったら」
下尾みう



AKB48として今後の目標、また個人としての目標を教えて下さい。

下尾みう:AKB48としてはレコード大賞のステージに再び立てるようになりたいです。AKB48の中では代表曲をいただけるようなメンバーになり、表題曲じゃなくても下尾みうと言えばイメージできるような曲が欲しいです。個人的には今作の写真集は山口県を中心に撮影をしましたし、山口の良さを広めたいと思っているので山口県の観光大使になりたいです。



最後に写真集を購入してくださるファンの方へメッセージを

下尾みう:購入してくれる皆さんに感謝ですし、勇気を持ってイベントに会いに来てくれた方もいるんだってことを、この前のトークショーですごく感じたので、買ってくれる方にしっかりと感謝を伝えられたらいいなって思っています。

下尾みう
下尾みう




スポンサーリンク

AKB48 下尾みう 1st写真集『僕だけのもの』

発売日:2024年2月9日(金)
撮影:HIROKAZU
仕様:A4判/オールカラー 128ページ
ISBN13:978-4040752495
発行・発売:株式会社KADOKAWA

Amazon限定絵柄ブロマイド付き:https://amzn.to/491mhoz

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました