小栗有以「ハラハラドキドキしました」映画『未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~』先行プレミア舞台挨拶

AKB48メンバー8名が怪談話を持ち寄り、深夜に山間のお寺で座談会とした怪談話を披露し、供養するドキュメンタリー映画『未成仏百物語~ AKB48異界への灯火寺~』の先行プレミア舞台挨拶が東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、AKB48メンバーの大盛真歩、小栗有以、行天優莉奈、倉野尾成美、込山榛香、坂口渚沙、鈴木優香、武藤十夢が登壇した。また、サプライズゲストに事故物件サイトを運営する大島てるが駆け付けた。

映画『未成仏百物語~ AKB48異界への灯火寺~』先行プレミア舞台挨拶

撮影は今年4月に静岡県の“渓月山 長光寺”にて行われ、持ち寄ったエピソードを『ドラマ』『対談』『体験』『語り』の4つのジャンルに分け、全8エピソードを披露、その現場で成仏させるという内容。

スポンサーリンク


小栗は「私は一人暮らしの大学生役で不可解なことが起こる内容でした。みんなのパートとはテイストが違う内容だったので、みんなの反応が気になりました。私も初めて観るときハラハラドキドキだったのですが、行天優莉奈ちゃんが、すごく怖がってくれて100%の怖がり方をしてくれたので、心の中でガッツポーズをしました。嬉しかったです」とニッコリ。ホラー作品については「小さい頃から怖いもの見たさで観てました。観た後に背後が怖くなって、背中をお姉ちゃんやお母さんにピッタリくっつけて寝てました」と、ほっこりエピソードを話した。

小栗有以

ホラー作品に出演することについて武藤は、「私はホラーとか怪談とか苦手なんですが、担当パートは実話怪談というなかなかないテーマでした。ビックリ怖いというより、リアルに背筋がぞわぞわとするものなのかなと思い、撮影に塩を持っていった方がいいのかとか、帰り道は気を付けなきゃいけないなとか、そんなことを考えていました」と撮影当時の状況を話した。

武藤十夢

込山は感想を求められ「撮影で怖さのリアリティ感を出すために、やつれた感じのメイクにしてもらったので、こみはる史上一番ブサイクな顔で撮影に挑みました」と笑いを誘い「こんな大きなスクリーンで、その顔を晒して大丈夫かな?という不安があった・・・」とアイドルとしての一面を見せた。

込山榛香


スポンサーリンク

その他の写真は次のページで

タイトルとURLをコピーしました