舞台「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」が開幕!公開ゲネプロの様子をお届け!

大人気ファンタジー小説を原作とし、テレビアニメ化もされた「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」舞台版の公開ゲネプロが10月20日(木)東京・シアター1010で開催。

「キミ戦」舞台版はオール女性キャストでの配役

物語への没入感を高める舞台化ならではの表現として全キャラ・オール女性キャストでの配役。イスカ役(Wキャスト)にAKB48の大西桃香と元NGT48の長谷川玲奈。ヒロイン・アリスリーゼ役に元乃木坂46の渡辺みり愛を起用!音々役にAKB48の佐々木優佳里、燐役に声優の星希成奏、ミスミス役にグラビアで活躍する長澤茉里奈、シスベル役にAKB48の北澤早紀、イリーティア役に声優の小坂井祐莉絵、サリンジャー役(Wキャスト)にコスプレアイドルのつんこ(東京公演)と元NMB48の三田麻央(大阪公演)など精鋭が集結!

スポンサーリンク


Introduction

科学技術が高度に発達した機械仕掛けの理想郷「帝国」。超常の力を駆使し、“魔女の国”と恐れられる「ネビュリス皇庁」。百年にわたる戦争を続けてきた両国には、二人の英雄がいた。最年少にして帝国の最高戦力となったイスカ。ネビュリス皇庁の王女にして“氷禍の魔女”の異名を持つアリスリーゼ。戦場でめぐり逢った二人は、命を賭して戦う宿敵となった。国を、家族を、仲間を守るため、決して譲れない矜持と矜持をぶつけ合う。しかし、激闘の中で互いの素顔に触れた二人は、 その生き方に、その理想に惹かれてしまう。ともに歩むことはできず、残酷な運命に翻弄されるとわかっていても。……そんな二人を嘲笑うかのように、世界の緊張はなおも高まり、 大国の謀略が交錯しようとしていた。分断された世界、それでも少年と少女は想いを募らせていく――。


公開ゲネプロ写真



舞台「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」

出演:

イスカ(Wキャスト):大西桃香(AKB48)、長谷川玲奈
アリスリーゼ:渡辺みり愛
音々:佐々木優佳里(AKB48)
燐:佐武宇綺
ミスミス:長澤茉里奈
シスベル:北澤早紀(AKB48)
イリーティア/始祖ネビュリス:小坂井祐莉絵
璃洒:宮崎理奈
ミラベア:水原ゆき
ジン:本条万里子
仮面卿:長谷川里桃
キッシング:天音みほ
サリンジャー(Wキャスト):つんこ ※東京公演、三田麻央 ※大阪公演
ネームレス:高野美幸

原作:細音啓(ファンタジア文庫/株式会社 KADOKAWA)

原作イラスト:猫鍋蒼

脚本・演出:松多壱岱

製作:舞台「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」製作委員会(ABCフロンティア、朝日放送テレビ)

制作協力:ABC&SET、サイバード

©舞台「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」製作委員会


東京公演はシアター1010(北千住)で9公演、大阪公演はCOOL JAPAN PARK OSAKA TT ホール(大阪市中央区)で5公演の計14公演を実施。

タイトルとURLをコピーしました