畑芽育 アイドル役を熱望!?ドラマ『女子高生、僧になる。』制作発表会見

記事内に広告が含まれています。

女優の畑芽育が9月17日(日)より放送がスタートするMBS新ドラマ『女子高生、僧になる。』の制作発表会見に登壇。

畑芽育『女子高生、僧になる。』制作発表会見
畑芽育『女子高生、僧になる。』制作発表会見

畑芽育は本作の出演オファーについて「下白石麦は頭にビックリマークと、はてなマークが連続するようなキャラクターで、ドラマもすごくコミカルなんです。台本を見ていると麦ちゃんのキャラクターがすごく分かりやすいキャラクターで、頭の中で想像するのが楽しかったです。台本を渡されたときには全体像が最後まで完成していて、お寺の再建をテーマに、ここまで話が広がるのだとビックリしました。また、お寺をテーマにしたコメディって、すごいハードルが高いと感じていましたが、撮影は楽しく出来ました」と笑顔で語る。

スポンサーリンク



下白石麦という役について「アイドルオタクで『推し活』に専念する元気で明るい女子高校生なんですが、祖父の経営するお寺・白石寺のことを全く知らなく無関心なんです。でも周りの人に助けられながら再建していくという役で、何事にもまっすぐ一生懸命です。私と違い麦ちゃんはちょこまか動いて率先して動き回って行動力がある」と評価。


相手役の磯野柊(奥野壮)は「麦が推していたアイドルが活動を休止して、新しい推しを見つけようとしていたら、イケメンになった幼馴染と再会。白石寺の住職への道を提案するという不純な動機ですよね(笑)」と笑顔で解説。奥野壮との共演について「年齢も年上で、お兄ちゃんって感じです。くだらないことを言い合えてドラマと同じく幼馴染な感じです。不思議ちゃんだなっていう部分もあり、揺れていたりとか、口ずさんでいたりとか、変顔したりとか。私も一緒にやりましたけど(笑)」と和やかに収録が進んだそうだ。

畑芽育、奥野壮が合掌ポーズを披露
畑芽育、奥野壮が合掌ポーズを披露

本物のお坊さんが演技指導を担当し「撮影現場がお寺だったので住職さんが常にいて、ご指導してくれました。お坊さんたちもゲラゲラ笑って和やかに撮影を終えました。お坊さんはフレンドリーで優しい方ばかりでした」と感謝の言葉を述べた。


今回のドラマ『女子高生、僧になる。』のタイトルにかけて生まれ変わったら〇〇になりたいとの問いには「アイドルになりたいです。マイクを持って歌って踊っている姿を見ると憧れますね。具体的には松浦亜弥さんにハマっていて『あやや可愛い~って』思います。それで生まれ変わったら絶対アイドルになりたいです。役者としてアイドルの役が来ればいいな」と願望を口にする。

畑芽育
畑芽育

ドラマの視聴者には「深夜のドラマですが一週間の疲れをドラマで癒せたら嬉しいです。お寺がテーマなので取っ付きづらく感じるかもしれませんが、気楽に見てくだされば」と話し制作発表会見を終えた。MBSの新ドラマ『女子高生、僧になる。』は9月17日(日)より放送がスタートする。

スポンサーリンク



ドラマ『女子高生、僧になる。』

畑芽育、奥野壮『女子高生、僧になる。』制作発表会見
畑芽育、奥野壮『女子高生、僧になる。』制作発表会見

出演:畑芽育 奥野壮 東啓介 しゅはまはるみ 伊藤あさひ 吉田晴登 春海四方 / 田山涼成

監督:横尾初喜、森ハヤシ、戸塚寛人

脚本:森ハヤシ

制作プロダクション:ソケット

製作:「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS

オープニング主題歌:shallm「センチメンタル☆ラッキーガール」(ユニバーサル ミュージック)

エンディング主題歌:mzsrz「Odyssey」(avex trax)

©「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS


2023年9月17日(日)より放送スタート!

Huluにて見放題独占配信、TVer、MBS動画イズムにて見逃し配信1週間あり



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました