ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話。寺ウェディングで赤字打開!?

記事内に広告が含まれています。

MBSにて放送中の畑芽育が主演のオリジナルドラマ『女子高生、僧になる。』第5話の場面写真&あらすじが本日公開された。

ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話

主人公の麦(畑芽育)は、高校卒業を間近に控え、進路が決まっていない女子高生。お寺の住職をしていた祖父(田山涼成)が亡くなり、その葬儀の中で、お寺に残された借金が発覚。親族はお寺を手放す事を考えはじめる。祖父の葬式で麦はとあるイケメンに出会い、それは幼なじみの柊(奥野壮)だった。祖父とお寺に親しみを持ち、よく遊びに来ていた柊はその後仏教系の大学に進学し、僧侶の資格を取っていたのだった。なんとなく祖父の寺を手放すことが嫌な麦は、勢いで柊を住職に立て、祖父の借金を返済し、寺の再建をする事を宣言し、母(しゅはまはるみ)や親族から期間限定で寺を任されることにー!?

スポンサーリンク



第5話 あらすじ

ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話

寺・エボリューションの里中(東啓介)から300万円を融資してもらい、なんとか運転資金を確保した麦(畑芽育)は、白石寺の赤字打開プランと題して、「寺・ウェディング」という新規事業を立ち上げる。しかも幹太(伊藤あさひ)が彼女にプロポーズをすることが発覚し、最初の顧客もゲット!そして、麦が推していた半地下アイドルグループ・ダビデーズの元リーダー・カズマからの協力も獲得し、白石寺の情報がSNSで拡散!前途洋々の赤字打開プラン!だったのだが、幹太の婚約者である美月はなにやら浮かない表情で…。しかもそんな中、何かと怪しいコンサルの里中から衝撃の事実を突きつけられ…急転直下の大ピンチ!



第5話 場面写真

ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話
ドラマ『女子高生、僧になる。』第5話



MBSドラマ『女子高生、僧になる。』

出演:畑芽育 奥野壮 東啓介 しゅはまはるみ 伊藤あさひ 吉田晴登 春海四方 / 田山涼成

監督:横尾初喜、森ハヤシ、戸塚寛人

脚本:森ハヤシ

制作プロダクション:ソケット

製作:「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS

オープニング主題歌:shallm「センチメンタル☆ラッキーガール」(ユニバーサル ミュージック)

エンディング主題歌:mzsrz「Odyssey」(avex trax)

©「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS


2023年9月17日(日)より放送中

Huluにて見放題独占配信
TVer、MBS動画イズムにて見逃し配信1週間あり