畑芽育主演の新ドラマ『女子高生、僧になる。』予告映像が解禁!

記事内に広告が含まれています。

9月17日より放送が開始となる畑芽育主演のMBS新ドラマ『女子高生、僧になる。』の予告映像が本日解禁され、お寺の境内で合掌ポーズをとるポップなキービジュアルも同時に公開された。

畑芽育主演『女子高生、僧になる。』キービジュアル
畑芽育主演『女子高生、僧になる。』キービジュアル / ©「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS

本作はMBS完全オリジナル作品で、高校3年間の青春全てを“推し”に捧げ、進路の決まっていない主人公・下白石麦(畑芽育)が、卒業を間近に控え、ある出来事をきっかけに、人生の新たな一歩を踏み出す青春ハートフルコメディ。

スポンサーリンク



住職である祖父の経営するお寺・白石寺に幼いころから通うものの、その雰囲気からお寺を好きになることができないまま高校生になった主人公・麦。そんな麦とは対照的に、麦の祖父・仁常住職が大好きで、白石寺に足繫く通っていた磯野柊(奥野壮)。お寺に対する価値観が対照的な2人は、仁常住職のお葬式をきっかけに数年ぶりの再会を果たす。そこで、柊の変貌ぶりを目にした麦は驚きながらも、亡き祖父の代わりとして柊に白石寺の住職への道を提案し、進路の決まらない麦自身もまた、白石寺を継いで、お寺で働くことを決意する。そして、晴れて住職になるという夢を叶えた柊をはじめ、マッチョイケメンコンサルタント・里中樹(東啓介)らと共に、麦がお寺の再建に踏み出すまでの様子が描かれた予告映像となっている。また、イケメンには目がない下白石麦らしく、「尊いものは全力で推さないと!」と、浮かれモードな一面も垣間見せ、推し活だけに全力を注いできた麦が勢いだけで決めた“お寺再建への道”は果たしてどうなるのか―。ドラマ本編も必見だ!



ドラマ「女子高生、僧になる。」OP主題歌版予告映像


ドラマ「女子高生、僧になる。」ED主題歌版予告映像


ドラマ『女子高生、僧になる。』ストーリー

主人公の麦(畑芽育)は、高校卒業を間近に控え、進路が決まっていない女子高生。お寺の住職をしていた祖父(田山涼成)が亡くなり、その葬儀の中で、お寺に残された借金が発覚。親族はお寺を手放す事を考えはじめる。祖父の葬式で麦はとあるイケメンに出会い、それは幼なじみの柊(奥野壮)だった。祖父とお寺に親しみを持ち、よく遊びに来ていた柊はその後仏教系の大学に進学し、僧侶の資格を取っていたのだった。なんとなく祖父の寺を手放すことが嫌な麦は、勢いで柊を住職に立て、祖父の借金を返済し、寺の再建をする事を宣言し、母(しゅはまはるみ)や親族から期間限定で寺を任されることにー!?

スポンサーリンク



MBSドラマ『女子高生、僧になる。』

出演:畑芽育 奥野壮 東啓介 しゅはまはるみ 伊藤あさひ 吉田晴登 春海四方 / 田山涼成

監督:横尾初喜、森ハヤシ、戸塚寛人

脚本:森ハヤシ

制作プロダクション:ソケット

製作:「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS

オープニング主題歌:shallm「センチメンタル☆ラッキーガール」(ユニバーサル ミュージック)

エンディング主題歌:mzsrz「Odyssey」(avex trax)

©「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS


2023年9月17日(日)より放送スタート!

Huluにて見放題独占配信、TVer、MBS動画イズムにて見逃し配信1週間あり

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました