畑芽育が主演の新ドラマ『女子高生、僧になる。』放送決定!相手役には、奥野壮

記事内に広告が含まれています。

畑芽育が主演を務めるMBSの新ドラマ『女子高生、僧になる。』が、2023年9月17日(毎週日曜24:50~)より放送されることがわかった。

『女子高生、僧になる。』
『女子高生、僧になる。』

MBS完全オリジナルの本作は、高校3年間の青春全てを“推し”に捧げ、進路の決まっていない主人公・下白石麦が、卒業を間近に控え、ある出来事をきっかけに、人生の新たな一歩を踏み出す奮闘劇。主人公の麦と、麦の幼馴染である磯野柊を始め、麦の周りを取り巻くイケメンたちと共に、わずか半年という猶予期間でお寺を再建できるのか―。麦とイケメンたちの関係性にも注目だ!

スポンサーリンク



“元アイドルオタク”であり、祖父のお寺・白石寺を継ぐことになる主人公・麦役には、今年公開の映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」でヒロインを務め、確かな演技力と透明感で話題を集めたブレイク必至の最注目女優・畑芽育(はた・めい)に決定。そして、麦の幼馴染であり、白石寺再建のため、お寺の新住職となる磯野柊役には、奥野壮(おくの そう)が決定。奥野は、2017年第30回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をW受賞し、映画などでも続々と活躍の幅を広げている注目の俳優。主人公・下白石麦と磯野柊による2ショット場面写真も先行解禁され、期待が膨らむ。

『女子高生、僧になる。』先行カット
『女子高生、僧になる。』先行カット



畑芽育 コメント

畑芽育
畑芽育

初めてお話をお聞きしたとき、「お寺が舞台!?それでいてコメディ!?そして私が主演をやらせていただけるなんて!」と、ただただ喜びと驚きの連続でした。監督には「やりすぎていたら止めるからひとまず振り切ってやってみてほしい!」とおっしゃっていただいたので、とにかく自分の思い描く麦を全身全霊で演じさせていただきました。何をやっても褒めてくださる監督に乗せていただきまして(笑)、今までに見せたことのない表情や動きが今回の作品でお披露目できるかと思います。ドキドキです。


私自身、特別身近にあるわけではない【お寺】という舞台でしたが、初めて知ることや勉強になることが本当に多く、麦と共に成長していくような気持ちでありました。今までにない新しいコメディドラマが完成したと思います。放送を楽しみにしていてください!



奥野壮 コメント

奥野壮
奥野壮

今回、初のお坊さんの役ということで所作だったりお経だったり、本物のお坊さんに手取り足取り教えてもらいながら撮影させていただきました。お寺、お坊さんがテーマのドラマですが、現場で生まれるものが面白くて今までで1番『笑い』NGを出してしまいました。主演の畑芽育さん演じる麦ちゃんと僕が演じる柊の和やかな空気感にもご注目ください!お坊さんのことを楽しく知れる素敵なコメディドラマになっています。

あらすじ

主人公の麦は、高校卒業を間近に控え、進路が決まっていない女子高生。お寺の住職をしていた祖父が亡くなり、その葬儀の中で、お寺に残された借金が発覚。親族はお寺を手放す事を考えはじめる。祖父の葬式で麦はとあるイケメンに出会い、それは幼なじみの柊だった。祖父とお寺に親しみを持ち、よく遊びに来ていた柊はその後仏教系の大学に進学し、僧侶の資格を取っていたのだった。なんとなく祖父の寺を手放すことが嫌な麦は、勢いで柊を住職に立て、祖父の借金を返済し、寺の再建をする事を宣言し、母や親族から期間限定で寺を任されることにー!?

スポンサーリンク



MBSドラマ『女子高生、僧になる。』

出演:畑芽育、奥野壮 ほか

監督:横尾初喜、森ハヤシ、戸塚寛人

脚本:森ハヤシ

制作プロダクション:ソケット

製作:「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS

©「女子高生、僧になる。」製作委員会・MBS


2023年9月17日(日)より放送スタート!

TVer、MBS動画イズムにて見逃し配信1週間あり

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました