中村優一 初監督作品『YOKOHAMA』予告編が公開!

記事内に広告が含まれています。

横浜で生まれ、横浜を愛する俳優・中村優一が、さまざまな魅力にあふれた街、横浜を舞台に気鋭の才能たちとタッグを組んで映画を初プロデュース&初監督した『YOKOHAMA』が2024年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、シネマート新宿、UPLINK吉祥寺ほかにてロードショーされる。

中村優一 初プロデュース&初監督作品『YOKOHAMA』
中村優一 初プロデュース&初監督作品『YOKOHAMA』
中村優一 初プロデュース&初監督作品『YOKOHAMA』
中村優一 初プロデュース&初監督作品『YOKOHAMA』

予測不能な3つの衝撃―。何かが起こる街。

“狂想”をテーマに、愛と不条理と狂気に満ちた3つの衝撃が、観る者を魅惑の映像体験に誘う、めくるめくドラマティック・サスペンスが誕生!

スポンサーリンク



第一話「贋作」

第一話「贋作」

妻が恋人を作って出て行ったノボルの家の前に、ある日包丁を持った女性サエコが横たわっていた。やがてノボルとサエコの奇妙な生活が始まる……。監督は『僕らはみーんな生きている』の金子智明。主演は『仮面ライダーアギト』『はぐれ刑事純情派』の賀集利樹と『あなたは私におとされたい』『僕らはみーんな生きている』の鶴嶋乃愛。

鶴嶋乃愛
鶴嶋乃愛
鶴嶋乃愛
鶴嶋乃愛



第二話「横濱の仮族」

第二話「横濱の仮族」
第二話「横濱の仮族」

横浜に住む富豪・横濱権蔵が、火事によって失った家族を取り戻すため、容姿がそっくりな人間を拉致し、“仮族”としての生活をスタートさせ、「家族そっくりな誰かに殺してもらう」願いを叶えようとする……。『BIRTHDAY』『2FATE』の鬼才ヨリコ ジュンが全編ワンカットで描く不条理迷宮。主演は『タロット探偵ボブ西田』の高山孟久。



第三話「死仮面」

第三話「死仮面」
第三話「死仮面」

特殊造形アーティストの田所が「創作から逃げたい」というメッセージを残して自殺した。映画プロデューサーの益田は他殺を疑い、田所が元所属していた特殊造形工房の経営者、米村を訪ねるが……。中村優一の初監督作品で脚本は作道雄。主演はミュージカル『新テニスの王子様』や映画『人生の着替え方』などで活躍する秋沢健太朗。



『YOKOHAMA』予告編



主要キャスト&監督よりコメント

【贋作】

賀集利樹

賀集利樹
賀集利樹

まずは映画「贋作」(YOKOHAMA)の公開おめでとう御座います。主演として関われたこと、共演したキャストの方々、スタッフの皆さん、この作品に関わった全ての人に感謝申し上げます。去年の1月に撮影をした作品が第一回横浜国際映画祭に参加を果たし、今年には全国での公開されるという事で今からわくわくしております。今回の役は今まで僕が演じてきた役柄にはない内側の部分を秘めている人物でした。大変な部分もありましたが、演っていて楽しかったです。観てくれた皆さまの心に少しでもこの「贋作」という作品が残ってくれたら嬉しいです。お楽しみください。



鶴嶋乃愛

鶴嶋乃愛
鶴嶋乃愛

サエコ役を務めさせて頂きました、鶴嶋乃愛で御座います。時を経て、またこの作品をお客様にご覧頂ける事大変嬉しく思います。それぞれの悲しみ、それぞれの孤独がこの作品の中には詰まっておりこの令和の時代を生きる人々に様々な形で寄り添う作品になっています。孤独のなかに灯された一つの蝋燭の光の様な、か弱い光に詰まった優しさを是非この作品で感じて頂ければ嬉しいです。



金子智明監督

金子智明
金子智明

『横浜』僕が初めて訪れた時。多くの人たちの寄り添いがあり、そこは眩しい場所だった。その眩しさが【虚】で【偽】にも感じた。まるで表層だけの人間関係を無造作に創られた世界を見せつけられているようだった。今日もあの場所では誰かが寄り添ったり、依存したり、壊れたりしているんだなと思う。それだけのドラマがある場所が『横浜』なんだと思う。

スポンサーリンク




【横濱の仮族】

高山孟久

生まれて初めておカッパ頭にしたので、慣れるまで恥ずかしかった思い出があります。冒頭にある様に、この作品はワンカットで撮影されています。リハーサルは 2.3回ほどしただけでしたので、良く無事に撮影できたなと…。その様な差し迫った環境も鬼気迫った演出を生み出しているのかなと。実は短編映画ゆえに描ききれなかった裏設定があったりもして、いつの日か、中編〜長編としてリメイクされたら楽しみです。映画「YOKOHAMA」に参加できた事、観客の皆さんに作品が届けられる事に心より感謝しています。「死仮面」「贋作」共に、それぞれの独特の狂想的世界観、味わい比べ楽しんで下さい。



Raychell(レイチェル)

「横濱の仮族」821役で出演させて頂きましたRaychellです。この映画は 2 日で撮影されたワンカット作品で、ヨリコ ジュン監督をはじめ、チームの皆様の真剣さと遊び心が沢山散りばめられています。観れば観るほど癖になるスルメのような作品です。是非何度も観て頂けたら嬉しいです。



ヨリコ ジュン監督

ヨリコ ジュン

「横濱の仮族」という作品は、親友である中村優一さんと、Paradigm Shiftというチームで映画を創りはじめて数本目の作品ということもあり、キャスト・スタッフの信頼関係が出来ている状態での作品創りが実現した映画です。家族という誰しもが己から切り離すことが出来ない絆。その家族という絆が仮族という絆にすげ替えられた時、家族は家族でいることが出来るのか?仮族は家族になることが出来るのか?家族は仮族になってしまうのか?人は他人と家族をつくる。だとしたら家族=仮族は成立するのでないか?そんな妄想を映像化した作品です。楽しんでいただけたら幸いです。




【死仮面】

秋沢健太朗

秋沢健太朗
秋沢健太朗

映画「YOKOHAMA」の「死仮面」で米村を演じさせて頂きました、秋沢健太朗と申します。中村優一監督作品「死仮面」で″狂想″の1つが描かれています。米村という役を通して僕は頭の中の狂った妄想や思想、その一線を超えてしまう緊張感、背徳感、非日常を体感しました。最初このお話を頂いた時自分がどこまで出来るのかワクワクと不安とが入り混ざっていましたが現場に入り撮影に臨んだ瞬間、彼(米村)の事を少しだけ理解出来た気がしました。何を望み何が彼をそうさせてしまったのか…。是非この″狂想″をスクリーンを通して一緒に魅て体感して下さい。映画「YOKOHAMA」は僕の大切で大好きなお兄さんである中村優一くんの夢です、そんな夢を叶える瞬間に携われたことを心から誇りに思います。よろしくお願いします。



渋江譲二

監督の中村優一と出会ったのは約20年前。我々はまだ右も左も分からない駆け出しの俳優でした。そこからそれぞれの場所でもがき成長しながらも、それでも上手くいかないことも悔しいこともお互い沢山経験してきたと思います。そんな中、試行錯誤して新しい武器を磨きこの世界で生き抜こうと奮起する彼と再会し、その新しい挑戦の大切な場所に一員として参加させてもらいました。この20年のことを詳しく彼に聞いたことはありません。しかし、現場でリーダーシップを取る彼の姿からはこれまでの生き様が感じ取れ、そしてこれからの更なる飛躍を予感しました。「死仮面」はそんな中村優一が作り出した緊迫のミステリー作品です。その張り詰めた空気感を、是非劇場で体験してください。



中村優一監督

中村優一
中村優一

『映画を創りたい』、夢が一つ叶いました。映画「YOKOHAMA」は、生まれ育った「横浜」を舞台に「狂想」というテーマで独特な個性を持った3本の短編映画を創りました。人生の良き時も苦しい時もすべての時を過ごした私にとって大切な場所、「横浜」。その地で映画創りをする事が夢でした。もう一つのテーマ「狂想」。人は誰しも狂った思想を秘めることもある。現実にあってはならないもの。映画だからこそ魅せられる、人間の「狂想」をもう一つのテーマに選びました。尊敬し信頼する皆様(スタッフ・キャスト・観客)と創った大切な作品達。楽しんでいただけたら幸せです。




スポンサーリンク

映画『YOKOHAMA』

出演:秋沢健太朗/渋江譲二/西尾聖玄 高山孟久/Raychell/末野卓磨/水原ゆき 波多野比奈/新田ミオ/白又敦/西洋亮 賀集利樹/鶴嶋乃愛/小野まりえ/飛葉大樹/中村優一

監督: 中村優一/ヨリコ ジュン/金子智明

主題歌:Haru.Robinson「Sacrament」

エグゼクティブプロデューサー:玉井雄大

企画・プロデューサー:中村優一

制作プロダクション:クリエイティブスタジオゲツクロ ParadigmShift yucca

製作・宣伝協力:テラスサイド

配給:エクストリーム

©2024 TerraceSIDE

2024年4月19日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、シネマート新宿、UPLINK吉祥寺ほか全国ロードショー!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました