鶴嶋乃愛、村井良大、宇垣美里がドラマ『あなたは私におとされたい』制作発表会見に登壇!

ゼッタイに不倫しない男×ゼッタイに不倫させる女の駆け引きが話題の【異端の不倫マンガ】を実写化したドラマ『あなたは私におとされたい』の制作発表会見に鶴嶋乃愛、村井良大、宇垣美里、加藤綾佳監督が登壇。ドラマの見どころや、心境を語った。

ドラマ『あなたは私におとされたい』制作発表会見
ドラマ『あなたは私におとされたい』制作発表会見  ©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS
「あなたは私におとされたい」
©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS

“ゼッタイに不倫させる女”・立花ノアを演じた鶴嶋乃愛は本作がテレビドラマ初主演。主演が決定した際の心境について「すごく嬉しくもあり、座長という響きに緊張感もありクランクインしたんですが、監督やキャストのみなさまが本当にあたたかく迎え入れてくださって幸せな撮影期間です」と喜びのコメント。


鶴嶋とW主演を務め“ゼッタイに不倫しない男”・相澤直也を演じた村井良大は自身の役柄について「真面目でまっすぐな人間」と表現。役柄上ノアからのアプローチを受ける場面が多いものの、“ゼッタイに不倫しない男”を演じるにあたり「避けたりかわしたり、逃げたりごまかしたりということが毎話行われるので、ドキドキしています」と撮影時の心境を明かした。また、鶴嶋とは初共演でありながらも「はじめましてとは思えないくらい仲が良くて、毎回キャッキャ笑ってるよね!」と話すと鶴嶋も「不倫というテーマを扱ってる作品とは思えないくらい、カットがかかった瞬間キャッキャしてますよね!」と和やかな雰囲気で撮影が行われている様子。


一方直也の妻・夏菜を演じた宇垣美里は、原作マンガを読んだと話し「(登場人物の)倫理観がみんなちょっとずつズレいるから感情移入できない。なのに続きが気になる稀有な作品」と本作の魅力を語り、バリキャリで家庭も持つ夏菜というキャラクターについては「順風満帆にみえて、実はいろんなところにひずみがあったり悩んでるところがある、等身大のキャラクターだなと」と分析した。

スポンサーリンク


鶴嶋乃愛はまるで「宇宙」!加藤綾佳監督が明かす魅力

鶴嶋乃愛『あなたは私におとされたい』
鶴嶋乃愛『あなたは私におとされたい』  ©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS

加藤綾佳監督はキャスト陣の印象を問われ「鶴嶋乃愛は宇宙だ!」とすっかり魅了された様子。「目がすごい強いんですよね。初めてお会いした時から、すごい目を見てくるんで、吸い込まれそうで、宇宙だ!と。撮影中も“見つめている”という時間が多かった」と鶴嶋の目力を賞賛。それを聞いた鶴嶋も「お褒めに預かり光栄です」と照れ笑い。


また、鶴嶋は役柄上他の人達と対峙するシーンも多いと言い、特に夏菜とのシーンは「怖かったです…!」と打ち明けると、それを受けて宇垣も「震えがってましたよ私。(鶴嶋が)すごいオーラでしたよ。夢に出るかと思った!」と“ゼッタイに不倫させる女”との対峙シーンを回顧。

宇垣美里『あなたは私におとされたい』
宇垣美里『あなたは私におとされたい』  ©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS

女同士の戦いを描くシーンであったことから、鶴嶋は「心苦しいなと思いながら、自分は悪魔だ!と暗示してグイグイ攻めさせていただきました」と撮影時を振り返る。2人は本作で初めての共演だったが、実は「宝塚」が趣味という共通点ですぐに意気投合したといい、撮影での緊張感を微塵も感じさせない様子で、村井も「すごく和気あいあいとしていて、本当に楽しく撮影していましたね」とコメント。加藤監督も「重たいシーンの時でも(カットがかかると)すごくにこやかだったんじゃないかなと。みなさん役のことだったり、どう動くかとか提案してくださったり話し合いながらやっていた」と話すなど、キャスト・スタッフともに現場の雰囲気の良さを明かした。

宇垣美里、鶴嶋乃愛『あなたは私におとされたい』
宇垣美里、鶴嶋乃愛『あなたは私におとされたい』  ©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS
鶴嶋乃愛、村井良大『あなたは私におとされたい』
鶴嶋乃愛、村井良大『あなたは私におとされたい』  ©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS


“ゼッタイに不倫しない男”・村井良大が「おちていくような瞳」疑惑でピンチ!

村井良大『あなたは私におとされたい』  ©「あなたは私におとされたい」製作委員会・MBS

鶴嶋は村井について「村井さん自身が本当に直也さん。誠実真面目。自然に直也さんとして接することができたし、話数を重ねるごとにとちょっとずつおちていくような感じで演じてくださるんです!そういう瞳を感じましたので、わたしの掌の上で転がってるなというお芝居が自然とできたことは村井さんに助けられましたし、理性とたたかっている感じは、見ていて素敵だなと思っていました」と称賛。


一方“ゼッタイに不倫しない男”でありながら「おちていくように演じてくださる」と言われた村井は、「ゼッタイにおちません!ということを心に戒めながら演じているので、僕はいまでもおちてないと思っています!」と反論。すかさず宇垣が「わたしの目を見て言えますか?」と疑いの目をむけると、会場が笑いに包まれまた。疑惑のシーンは毎話登場するといい、村井からは「視聴者にも、一体直也のどこが悪かったのか、#直也反省会 で考えを聞かせてほしい!」という要望も。

スポンサーリンク


次のページに続く

タイトルとURLをコピーしました