小芝風花が「エランドール賞」新人賞を受賞!「学びの多い1年でした!」

記事内に広告が含まれています。

2024年エランドール賞の授賞式が2月8日(木)都内で開催され、小芝風花が新人賞を受賞した。

小芝風花「エランドール賞」新人賞を受賞
小芝風花「エランドール賞」新人賞を受賞

同賞は1年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞で、小芝風花の他に磯村勇斗、今田美桜、眞栄田郷敦、目黒蓮(Snow Man)、堀田真由が選出。

スポンサーリンク



小芝は映画『レディ加賀』、ドラマ『大奥』、ドラマ『波よ聞いてくれ』などで主演を務めるなど大活躍。授賞式に登壇した小芝は「このような歴史ある素晴らしい賞を受賞できて嬉しく思います。昨年は様々な役にチャレンジして学びの多い1年でした。そのいろいろな役にチャレンジさせてくれた関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。この賞に恥じないように、これからも活躍できるよう頑張っていきたいです」とスピーチを披露した。

2023年は映画、ドラマに大活躍の小芝風花

授賞式後に小芝はマスコミの取材に応じ「これまでこのような賞をいただく機会が無かったので嬉しかったです。今年は『大奥』など今決まっているお仕事と誠実に向き合っていきたいです」と話し、ドラマ『波よ聞いてくれ』については「すごく挑戦的な役でセリフ量も多かったのですが、北村一輝さんが励ましてくれて、ハードな撮影現場でも楽しい現場でした」と振り返る。最後にファンに向けて「引き続き皆さんに楽しい作品を届けられるよう精進してまいりますので、これからも作品を観てくださると嬉しいです」と笑顔で語った。

小芝風花エランドール賞
小芝風花
小芝風花
小芝風花



UNIVERSAL PRESSは芸能エンタメ情報のプレスリリース、取材案内を募集中。メール info@universal-press.jp まで。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました