声優の福山潤が「竹取探偵物語」を朗読!人気シリーズ最新刊発売にあたり特別に公開

記事内に広告が含まれています。

人気声優の福山潤が『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』から一編、「竹取探偵物語」の一部を朗読。その冒頭部分を『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』の公式サイトで公開中だ。

多くのミステリランキングに入り本屋大賞の候補にもなった前作『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(2019年刊行)。誰もが知っている日本昔ばなしを題材に本格ミステリに仕上げた作品で、子供からお年寄りまで実に幅広い層に読まれて話題になった。


著者の青柳碧人も「普段あまり本を読まない方に読んで頂いているようで、とても嬉しいです。」とのコメント。そのシリーズ最新作『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』が10月22日(金)に発売となる。

今回の福山潤の朗読は『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』と同日発売『福山潤 プロフェッショナルトーク』(双葉社刊)の特典として、限定200本で発売されたカセットテープに収録されたもの。より多くの人に福山潤の朗読を聞いてもらうため『むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。』の公式サイトで19日(火)より冒頭部分を公開。また『むかしむかし~』の公式Twitterアカウント、双葉社公式TikTokアカウントから、発売日の22日(金)より朗読動画を配信予定だ。


福山潤 プロフェッショナルトーク

発売日:2021年10月22日(金)

サイズ:B5判

出版社:双葉社

単行本(ソフトカバー):128ページ



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました