大沢真一郎、木竜麻生が出演の映画『自宅警備員と家事妖精』予告編が公開!

記事内に広告が含まれています。

函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞映画化プロジェクト第2弾、2019年度シナリオ大賞特別賞(荒俣宏賞)受賞の潮喜久知「自宅警備員のフェアリーテイル」を映画化した『自宅警備員と家事妖精』の予告編が本日公開された。主人公の自称「自宅警備員」に大沢真一郎、洋館に住み着く家事妖精の絹役に木竜麻生が出演。11月20日(土)より、K’s cinema、シネマ太陽函館ほか全国順次公開される。

『自宅警備員と家事妖精』
『自宅警備員と家事妖精』

本作はオープンセットのような街・函館を舞台に、オリジナル脚本からの映画作りを目指す、“シナリオ大賞映画化プロジェクト”で、2016年に第一弾『函館珈琲』(西尾孔志監督、いとう菜のは脚本)を製作。第2弾となる今作は、2019年度の荒俣宏賞を受賞した潮喜久知の「自宅警備員のフェアリーテイル」を映画化。

スポンサーリンク


監督は新鋭の藤本匠、スタッフは函館に縁のある上野彰吾、赤津淳一、鈴木昭彦、松葉明子。音楽は映画祭ディレクターのあがた森魚に加えて、soulcolorが参加。出演は、主人公の自称「自宅警備員」古川稔役に『カメラを止めるな!』の大沢真一郎、妖精の絹役に若手実力派の木竜麻生、叔父の香川役に演劇界の重鎮・流山児祥、『函館珈琲』からの連続出演となる中島トニー、その他、落語家の林家たこ蔵などユニークな俳優たちにオーディションで選ばれた子役の田之下雅徳も加わり、函館を舞台とした再生と自立の物語を紡ぐ。

ストーリー

世界が静まり返り、まるですべての人々が引きこもってしまったような2020年。函館の洋館に住む自称「自宅警備員(引きこもり)」を名乗る45歳・独身のニート・古川稔。稔は世界の苦しみをよそに、われ関せずと快調に引きこもり生活を続け、早5年となっていた。そんな時、母・のぶ子が亡くなり一人残された稔は、洋館の持ち主の伯父から洋館から出て行くように通告される。期限は一か月。伯父は洋館を取り壊して土地を売る算段だ。うろたえる稔の前に現れたのは、洋館に古くから住み着く家事妖精の絹(シルキー)。絹は密かに家事を手伝いながら、この洋館を守り、この街の100年の悲喜交々の出来事をつぶさに見てきた。絹は無謀にも稔に洋館を買い取って守れときつく促す。努力や頑張ることを忘れたてしまった稔は、絹にハローワークに行くようにと洋館から追い出され、戻るに戻れず途方に暮れながら函館の街を徘徊する。そんな時、公園で妖精を見ることができる少年冨和星一郎と出会う。星一郎の友達はこの街に古くから住む妖精たちだ。妖精と遊びながら追いかける星一郎、それを追う稔、そして辿り着いた場所は、稔の住む洋館だった。それ以来、洋館には誰もないはずなのに、この街の哀しみを引き受けるかのような鳴き声が木魂し、稔の身辺に異変が起こり始める。売却期限が迫るなかで、稔は出来るはずはないと思いながらも自分の居場所である大切な洋館を救うために立ち上がる。


映画『自宅警備員と家事妖精』予告編ーYouTubeー



映画『自宅警備員と家事妖精』

出演:大沢真一郎 木竜麻生 田之下雅徳(子役)中島トニー 林家たこ蔵 本城祐哉 巻島みのり 流山児祥

監督・編集:藤本匠

脚本:潮喜久知

音楽:あがた森魚 Soulcolor テーマソング[マドロミ] soulcolor feat.小澤ちひろ

企画:函館港イルミナシオン映画祭実行委員会

協力:武蔵野美術大学 函館山ロープウェイ株式会社 金森赤レンガ倉庫 湯元啄木亭 Tune

ロケーション協力:学校法人遺愛学院 はこだてフィルムコミッション 港の庵 函館市地域交流まちづくりセンター でん助

特別協力:函館市

製作:オメガ・プロジェクト アン・エンタテインメント 中島トニーPRO

制作プロダクション:ドッグシュガー

製作・配給:太秦

©「自宅警備員の家事妖精」製作者委員会

公式サイト:https://jitakukeibi-movie.com/


2021年11月20日(土)より、K’s cinema、シネマ太陽函館ほか全国順次公開

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました