大沢あかね、佐野勇斗が姉弟役でベビー向け用品のCMに出演!実は佐野も育児経験アリ!?

記事内に広告が含まれています。

ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーで俳優の佐野勇斗とタレントの大沢あかねがベビー向け家庭用機器「BabySmile」のCMに出演。2022年6月8日(水)より全国で放映される。

佐野勇斗

今回が初顔合わせで初共演となる大沢あかねと佐野勇斗。CMではその姉弟を主人公に、赤ちゃんの健康を想う家族の愛を描いた内容に。まだ幼い息子に「BabySmile」の小児用電動歯ブラシを使う姉をみて驚いた弟に、「今日の健康づくりは、赤ちゃんにとって将来の健康の基礎づくりである」ことを語る姉。たくさんの製品が溢れる現代。だからこそ、家族のために製品選びにこだわり、愛情溢れる日常の1シーンを描いた。

スポンサーリンク


CMストーリー

大沢あかね演じるお姉ちゃんと佐野勇斗演じる弟は、姉が結婚して子育てを始めても交流のある仲良し姉弟。姉の家に泊まりにやってきた弟が夕食を食べているところに、リビングに入ってきたのは赤ちゃんを抱っこしたお姉ちゃん。手には、7色に光るベビースマイル レインボー(小児用電動歯ブラシ)。それを見て弟は、「何それ、電動!?」「まだ赤ちゃんじゃん」とびっくり。すると姉は、「今日の健康は、将来の健康なんでちゅー」と、赤ちゃん時代の健康を守ってあげることは、その先の将来の健康にも影響する大切なことなのだ、と親の愛情たっぷりの信念を語ります。赤ちゃんも楽しそうに自分で歯ブラシを持ち、口に運んでご満悦。そんな幸せそうな親子の姿を見て、弟は思わず「愛されてるなぁ」と赤ちゃんに語りかけるのでした。まるでブランドロゴの赤ちゃんマークのように素敵な笑顔を見せる赤ちゃんの表情にも注目だ。

撮影エピソード

子育て家族のアットホームな生活感を再現したハウススタジオでの撮影となった今回のCM。大沢はチェック柄のカジュアルなワンピース、佐野は青と白のスウェットという、家族どうしらしいリラックスした衣装で撮影。私生活でも3人のママである大沢は、共演した赤ちゃんにおもちゃをプレゼント。ぐずった赤ちゃんをあやすのもお手の物で、母親らしい一面が垣間見えた。また今回の監督も子どもを持つママで、大沢との子育てトークに話が咲く場面もあった。

佐野は遊びだした赤ちゃんの近くにあったコップを、倒さないようにサッと移動させたり、変顔をして見せたり、慣れてくると抱っこをせがまれるなど、すっかり赤ちゃんと打ち解けている様子。おもちゃで喜ぶ赤ちゃんに、二人が赤ちゃん語で話しかける様子に、スタッフもすっかり癒された撮影となった。


ベビースマイル「100年の健康を想う」篇


次のページではCM撮影後の二人にインタビュー

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました