4期生メンバーとの会話がドキュメンタリー!?「日向坂映画祭 VOL.2」

今年5月に開催され、大好評だった「日向坂映画祭」。その第2弾が10月6日(木)TOHOシネマズ日比谷で開催され、日向坂46メンバーの佐々木久美、高本彩花、東村芽依が舞台挨拶に登壇した。

「日向坂映画祭 VOL.2」舞台挨拶/写真左より高本彩花、佐々木久美、東村芽依

今回のイベントで上映されたのは、2020年夏に公開された日向坂46ドキュメンタリー映画第1弾の『3年目のデビュー』と、今夏公開された映画第2弾の『希望と絶望』の2作品。


映画の反響について佐々木は「ミーグリで、もう5回観たよとか聞いて、皆さん何回も劇場に足を運んでくれていると知り嬉しくなりました」と微笑む。『3年目のデビュー』との違いについては「より皆さんに見せていなかった一面が見えた映画だった」と答える。最近あったドキュメンタリーなことについては「新たに4期生メンバー12人加わりまして、その子たちと会話をしたのがドキュメンタリー」と語る。

佐々木久美
佐々木久美

高本も「4期生の方々が初対面から号泣で入ってきて、その状況がすごくドキュメンタリーでしたし、『研修期間中に、日向坂の皆さんを見て頑張れました』と泣きながら伝えてくれるメンバーもいて、それに感動しちゃいました」と振り返る。佐々木は「3期生の頃はそこまで感じなかったけれど、4期生は年の差が離れているので、より日向坂46を観てファンでいてくれていたんだな」と感じたそう。

高本彩花

そしてここでメンバーから会場の「おひさま」に『希望と絶望』のBlu-ray&DVD発売が発表される。佐々木は「ディレクターズカット版は約4時間。本編+2時間みたいな感じです。竹中監督がいろいろなところに密着してくれたのを、それを大放出で『希望と絶望パート2』みたい(笑)」と告知。東村は「多いです(笑)。その分たくさん楽しめますよ」と続けてアピールした。映画公開舞台挨拶の模様も収録予定の日向坂46ドキュメンタリー映画「希望と絶望」Blu-ray&DVDは2022年12月21日(水)発売。

東村芽依
東村芽依


日向坂46「希望と絶望」Blu-ray&DVD

出演:日向坂46

製作総指揮:刀根 鉄太

企画監修:秋元康

監督:竹中 優介

エグゼクティブプロデューサー:平野隆

プロデューサー:大澤祐樹

音楽:櫻井美希 山田航平

宣伝・配給:TBSテレビ、キグー

製作:映画『希望と絶望』製作委員会

発売元:TBSテレビ

販売元:ソニー・ミュージックソリューションズ

©2022映画『希望と絶望』製作委員会

2022年12月21日(水)発売


タイトルとURLをコピーしました