活弁シネマ倶楽部×DOKUSO映画館による次世代映画人育成プロジェクト「HITOKADO」がスタート!

映画ファンと映画製作者のためのWeb番組「活弁シネマ倶楽部」と、国内最大級のインディーズ映画配信サイト「DOKUSO映画館」がタッグを組み、映画人による次世代映画⼈育成プロジェクト「HITOKADO(ヒトカド)」がスタートする。

次世代映画⼈育成プロジェクト「HITOKADO(ヒトカド)」

「HITOKADO」は、ひとかどの映画⼈による、次世代の⽇本映画を牽引する作り⼿・観客の育成ワークショッププロジェクト。演技、製作、宣伝、配給&興⾏、海外展開、映画祭etc.映画を構成する様々な要素を映画のプロから学べる場所を創り、ひとかどの映画⼈(=HITOKADO)のバトンを次世代へとつなげていく。

第1回は『VIDEOPHOBIA』宮崎⼤祐監督による新しい形の映画ワークショップ

記念すべき第⼀回は宮崎⼤祐監督による俳優向けの演技・映画制作ワークショップ。五⽇間のワークショップ期間の中の前半⼆⽇間で演技のワークショップを⾏い、後半三⽇間では実際に短編映画の制作を実施。また、ワークショップ全体も撮影し、俳優の変化や映画の制作過程を垣間⾒ることのできるドキュメンタリーも同時に制作。新しい形式のワークショップに参加する俳優を募集。

スポンサーリンク


ワークショップ内容

5⽇間のワークショップの間に本読みやリハーサルなどの撮影準備をし、それを実際に演じ撮影するという実践的な講座になるが、そのプロセスもつぶさに撮影。公開を⽬指す短編映画というワークショップの成果物以外にもワークショップ全体の様⼦を追ったドキュメンタリーが同時に制作、配信され、俳優の変化や映画制作の過程が垣間⾒える新しい形の映画ワークショップ。


宮崎⼤祐 監督コメント

WSをやりませんかとお声がけいただいた時に、いままでのWSのイメージとかけ離れた、もはやWSとも違う何か新しい映画制作への挑戦であれば、そしてそれが映画なるものが元来はらむ⾮対称性に抗おうとするものであればぜひとお返事したところ、ぜひやりましょうと⾔っていただいた。いつだって何かが⾯⽩いのは、その営みがその分野の異端であって、定まらず、うごめいている時だ。そんな映画作りの新しい可能性に挑戦したい、⽴ち会いたいという⽅はぜひともご応募ください。お待ちしております。


詳しくは
「HITOKADO」:https://dokuso.co.jp/event/hitokado

DOKUSO映画館が運営するワークショップのマッチングサイト「DOKUSOスクール」:https://school.dokuso.co.jp/workshop/detail/4


タイトルとURLをコピーしました