磯村勇斗が初主演映画『ビリーバーズ』について語る!【活弁シネマ倶楽部】

記事内に広告が含まれています。

人気俳優・磯村勇斗が“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に初登場し、ライターのSYOと、初主演映画『ビリーバーズ』について語った。

磯村勇⽃(左)とライターのSYO(右)「活弁シネマ倶楽部」
磯村勇⽃(左)とライターのSYO(右)「活弁シネマ倶楽部」
磯村勇⽃「活弁シネマ倶楽部」
磯村勇⽃「活弁シネマ倶楽部」

本作は、カリスマ的な人気を誇る漫画家・山本直樹による同名コミックを、鬼才・城定秀夫監督が映画化したもの。とある孤島を舞台に、純粋な信仰心と抑えきれない欲望の間で揺れ動く三人の男女の奇妙な関係を描き出した。主演の磯村が演じているのは、カルト団体「ニコニコ人生センター」の中で、いかなる欲も捨て去って浄化を目指す“オペレーター”。オーディションで抜擢された北村優衣が“副議長”を、名バイプレイヤーの宇野祥平が“議長”をそれぞれ演じ、大自然の中で見事なアンサンブルを生み出している。さらに、「ニコニコ人生センター」の教祖である“先生”を本作の原作者である山本が、“副議長”と恋仲にある“第3本部長”に毎熊克哉が扮し、作品に深みをもたらしている点も注目だ。

磯村勇⽃
磯村勇⽃

この非常に特異な作品で映画初主演を務めた磯村は、本作を自身の趣味趣向に近いものだと捉えているようだ。「この独特の世界観と言いますか、無人島の中で人間たちが“孤島プログラム”をやっていくと、どういうふうに変化していくのかというところを含めて。トム・ハンクス主演の『キャスト・アウェイ』が好きなのですが、いつか無人島が舞台の作品に出たいという憧れがありました。そういう意味で『ビリーバーズ』は、まあ……あそこまで極限状態にはいかないですけど、それをちょっと体験できるんじゃないかと思ったり。単純にこの世界観が自分にフィットしたというのもあります」と語る。

スポンサーリンク


本作に参加するにあたって参考にした作品などについてSYOが話題を振ると、磯村は「原作を読んでみて、どういう方向に持っていく作品になるのか気になっていました。いろんな方向性に振ることのできる作品だと思っていたので。『ミッドサマー』のような、あの不気味さがずっと続く感じも合いそうだと思っていましたが、城定さんが作り上げる独自の世界観の作品になりました。自分の中では、『ミッドサマー』や『キャスト・アウェイ』、ラース・フォン・トリアーの作品だったり。精神的な部分を参考にというか、自分の好きなものなので、思い出しながら『ビリーバーズ』の世界に近づいていったところがありますね」と答えている。この返答にSYOはかなり納得の様子。本作と自身との繋がりについて磯村はさらに語っている。

磯村勇⽃『ビリーバーズ』について語る
磯村勇⽃『ビリーバーズ』について語る

その他この収録では、“オペレーター”という特殊な役を演じるにあたっての準備についてや、城定監督の現場ならではエピソード、そして自身の表現活動に対する想いなど、幅広くさまざまなトークを展開。



磯村勇斗 主演映画『ビリーバーズ』映画を愛しているキャストとスタッフが集まった作品



映画『ビリーバーズ』

出演:磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平、毎熊克哉、山本直樹

原作:山本直樹

監督・脚本:城定秀夫


ストーリー
とある孤島で生活をする2人の男と1人の女。男の1人は「オペレーター」、女は「副議長」、もう1人の男は「議長」と互いに呼び合い、揃いのTシャツを着ている。「ニコニコ人生センター」という宗教的な団体に所属している3人は、『孤島のプログラム』と呼ばれる無人島での共同生活を送り“安住の地”へと旅立つ日に思いを馳せていた。朝の瞑想、昨晩見た夢の報告、テレパシーの実験、といったメールで送られてくる不可解な指令を実行し、時折届けられる僅かな食料でギリギリの生活を送る。それらすべてが、性欲や過度な食欲に物欲といった俗世の汚れを浄化し“安住の地”へ出発するための修行なのだ。だが、飢えとの戦い、突如現れた外界からの侵入者、ほんの僅かなほころびは、徐々に互いの本能と欲望を暴き出してゆく。


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました