萩原みのり「廃墟なのに生きている」映画『N号棟』公開記念先行上映会

女優の萩原みのりが主演を務めた、2000年に実際起きた都市伝説にもなっている幽霊団地事件を基にした“考察型”恐怖体験ホラー映画『N号棟』。公開に先立ち4月28日(木)新宿ピカデリーにて出演者の萩原みのり、諏訪太朗、赤間麻里子、監督の後藤庸介が登壇する公開記念先行上映会が行われた。

映画『N号棟』公開記念先行上映会
映画『N号棟』公開記念先行上映会/オフィシャル提供

心霊現象、超常現象… とある団地の一棟で数多の怪奇現象が報告され、現地には大勢の警察やマスコミ、霊能者が押し寄せ、大パニックになり、都市伝説にもなっている幽霊団地事件を基に生まれた“考察型”恐怖体験ホラー映画『N号棟』。日本では類を見ないホラー映画の新機軸となる本作。


主演を務めた萩原みのりは「映画と同様、赤い服を着た人が劇場にチラホラいますね(笑)。とにかく完成してよかったです。この作品は、ホラーでありホラー以上の何かであるといった不思議な映画であるので、皆さんがどういった反応をされるのか楽しみです」と感無量の様子で挨拶。


ロケ地となった廃団地について萩原は、「本当に今日からここで撮影するのかと。電気も水も止まっているので、懐中電気をつけながらトイレに行ったりしないといけなかったんです。大量の虫がいたり、携帯のライトで階段上がったり。だけど慣れるものなんですよね。ただ、美術だと思ったら美術じゃない。血のりを使ってない部屋の染みがちょっとずつ増えていたような。観ちゃいけなさそうまでゴロゴロしていました」と恐怖体験とともに振り返ると、諏訪も「何かがいるんだろうなという気配はありました。言っちゃいけないのかもしれないけど、ハトの死骸のミイラとかもありましたしね」と撮影現場となった実在の廃団地について言及。そんな廃団地での撮影について、赤間も「圧倒的な負のオーラがありました。撮影中に大きな地震があって、あっ撮影現場なくなったかもと思ったくらいでした」と、声を揃えてその団地に漂う不気味さを語ると、監督は「撮影現場としては、皆さんがおっしゃるとおり酷かったですね(笑)。正直言うと、ほとんど美術じゃありません」と告白すると、萩原は「やっぱり。誰にも聞いちゃいけない雰囲気があったんですよ。たけど、廃墟なのに生きている様な、雰囲気があったんですよね」と振り返る。


萩原の撮影時の蒼白な顔に話題が及ぶと、赤間は「あの顔色を見ていたら、何かしてあげないと」と思い、甘い差し入れをしていたことを披露。諏訪に”お前はよく頑張っている“と言ってほしくて、なんども諏訪のもとに尋ねたという萩原。この作品に並々ならぬ意気込みと全体力を注いで挑んだことが伝わってくるエピソードが語られる。


役作りについて聞かれると、萩原は「死恐怖症について書いてあるブログを読んだり、ちょっと怪しそうな団体の教祖みたいな人のスピーチを聞いたりして役作りしてました。なので、イン前が一番病んでいた」と語る。諏訪は、「人間はだれしもですが、僕個人の中でも善良な面でも邪悪な面があって、それをひっくり返イメージで役作りしました」と言い、赤間は「台本いただいた時に、正直よくわからなくて、ワンシーンずつ理解していこうとしました。自分なりに私の役についても考察しました」と語る。


”夢か、幻か、現実か、それとも・・・“というコピーにちなみ、夢か現実かわからなくなってしまった経験について尋ねられると、萩原は「この作品のクライマックスがまさにそうでした。撮影中、あれ、今カメラ回っている?といった状態でした」といい、諏訪は「俳優という仕事は、虚構を作り上げるという仕事なので、カメラの向こう側と現実どっちが現実?という生活を68年間くらしてます」と語る。普段から霊感があるという赤間は、「同じ男の子と何度も街で出会ったり、私だけしか見えてないということが何回かあって」と驚きのエピソードを披露した。


予定では、特別ゲストとしてモデルになった団地で実際に被害に遭われた元住民の方が登場予定だったが、急遽来れなくなったという。後藤監督は「実は会うのすごく怖かったんです。何を話そうかなと気が気じゃなかった」と安堵した様子をみせる。代理でMCより“勝手に電気がついた”“テレビのチャンネルが変わった”“ドライヤーが勝手に着いた”など、実施に元住民が体験したエピソードが語られ、映画の感想とともに“私は萩原さんほどに顔面蒼白にならず、ポカンとしてました”と読み上げられると萩原は、「元住民の方にいじられている!」といい、会場から笑いが漏れた。


後藤監督より、「萩原さんは、僕が思う詩織ちゃん像にぴったりでした。なんか生き急いでるというか。僕は、なんだか分からないものが一番怖いと思っていて、この作品については、普段やっている様な起承転結があるような、わかりやすくはしないように、よくわからん?というところを目指しました」と、マスコミ試写などで考察型ホラー映画として話題となっていることに対し自信をみせる。


最後に主演の萩原が、「この作品を観終わった後に、生きることや死ぬことについて考えられると思うのですが、難しいことを考えずに感じて、フラットに楽しんでもらえたらと思います」とこれから見る観客へメッセージを送り、公開記念先行上映会舞台挨拶は幕を閉じた。



『N号棟』

出演:萩原みのり 山谷花純 倉悠貴 / 岡部たかし 諏訪太朗 赤間麻里子 / 筒井真理子

脚本・監督:後藤庸介

音楽:Akiyoshi Yasuda

主題歌:DUSTCELL「INSIDE」(KAMITSUBAKI RECORD)

製作:「N号棟」製作委員会

制作:株式会社MinyMixCreati部

配給:SDP

©「N号棟」製作委員会

公式サイト:https://n-goto.com


4月29日(金・祝)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

タイトルとURLをコピーしました