平岡亜紀「スタッフとして声がけ頂いたと思ったら、主演でした…」映画『私を判ってくれない』舞台挨拶

映画『夕陽のあと』に続き、「鹿児島県長島町にふたたび映画を」という町民の想いから制作された映画『私を判ってくれない』が、9月10日(土)池袋シネマ・ロサにて公開記念舞台挨拶が開催され、出演者の平岡亜紀、花島希美、和泉ちぬ、監督を務めた近藤有希、水落拓平が登壇した。

映画『私を判ってくれない』舞台挨拶
映画『私を判ってくれない』舞台挨拶/©私を判ってくれない

水落監督、近藤監督の二人がMCを担当した舞台挨拶で、長編の主演が初めてだった平岡は「ちょうどこの数年監督業も始めていたので、スタッフとしてお声がけ頂いたのかなと思っていたら、台本が届き主演だったのでびっくりした」とビックリした様子。また花島は「当時、契約社員として働いていた側面があったので、撮影期間が休めない、参加するためには辞めるしかない思った時、一度監督には考えさせてほしいと答えた」と言う。しかし「東京には女優をやるためにいるんでしょう?と家族にも背中を押して貰ったので、出演する決心がついた」と出演秘話を語る。撮影の時には、水落監督から便箋10枚の演出プランを書いた手紙が届き、支えになったとのこと。和泉は過去何度も近藤監督と仕事をしていて「最初から出てもらおうと思っていて、結構連絡を取っていた」と近藤監督は話す。近藤監督が参加している「Life Works」という横浜を舞台にしたショートフィルムにも「ちぬさんに出て貰おうと本を書いたり、、、」と話すと、「待ってるんですけど」と和泉がアピールし、仲の良さを披露した。

スポンサーリンク


監督が2人いる事に関して、水落監督から「大枠は近藤監督が考えていて、強烈なキャラクターを持つ城子(平岡亜紀)みたいな人間を描いてみたい、というところから始まっています。城子を描くもう一つの視点というところで、由紀乃(花島希美)というキャラクターが出てきて、その監督を僕がやりました」と語る。「2人でやりにくい事はなく、もし被害者がいれば、こちらの俳優さんたちかと」と水落監督が語ると、和泉が「やりにくい事は無かったけれど、やりやすいからいい物が出来るというのも、また違う。今回はお二人の監督が一生懸命説明してくれたんですが、さっぱりわからなくて(笑)、出来上がって初めてこういう事だったんだとわかりました」と発言し、場内の笑いを誘った。映画『私を判ってくれない』は絶賛公開中。



映画『私を判ってくれない』

映画『私を判ってくれない』舞台挨拶/©私を判ってくれない
映画『私を判ってくれない』舞台挨拶/©私を判ってくれない

監督・脚本・編集:近藤有希 水落拓平

プロデューサー:小楠雄士

出演:平岡亜紀 花島希美 鈴木卓爾 今井隆文 西元麻子 ほか

配給:フルモテルモ

©私を判ってくれない


9月9日(金)より池袋シネマ・ロサ 他全国順次公開中

タイトルとURLをコピーしました