稲垣吾郎が主演の舞台『多重露光』10月に日本青年館ホールで上演決定!

記事内に広告が含まれています。

稲垣吾郎が主演を務める舞台『多重露光』が2023年10月6日(金)~22日(日)に日本青年館ホールで上演されることがわかった。

稲垣吾郎
稲垣吾郎

モボ・モガプロデュース4作目となる、稲垣吾郎主演の『多重露光』は、今もっとも期待されている劇作家・横山拓也による書き下ろし作品で、演出には、読売演劇大賞演出家賞を受賞の眞鍋卓嗣を迎えて上演。


山田純九郎(稲垣吾郎)は、写真館の2代目店主。戦場カメラマンだった父(相島一之)には会ったことがなく、町の写真館の店主として人気のあった母(石橋けい)からは理不尽な期待を背負わされた子供時代。写真館で育ち、写真に囲まれた人生は、常に写真に苦しめられてきた人生でもあった。毎年、愛に溢れた家族写真を撮る裕福な同級生の一家があった。45歳になった純九郎の元に、その憧れの一家の“お嬢様”であった麗華(真飛聖)が訪ねてきた。純九郎は、かつて強く求めた家族の愛情に触れられそうな予感を持つ。親の威光、無関心、理不尽な期待、そして、隠し持った家族写真…それらが多重露光の写真のように純九郎の頭の中に常にあって、幸せという未来の焦点がなかなか合わない。幼馴染(竹井亮介)や、取引先の中学校教員(橋爪未萠里)が何かと気にかけてくれるが、純九郎に欠落した愛情が埋まることはなかった。純九郎は、自分の求める愛を、人生の中に収めることができるのだろうか?

スポンサーリンク



稲垣吾郎 コメント

僕は最近、写真に興味を持っています。オフでも身近にカメラのある生活をしているので、この企画を伺い、「多重露光」という作品に縁を感じました。稽古は始まっていませんが、まだ見たことない自分に出会えるような予感がします。皆さん、楽しみにしていてください。


真飛聖
真飛聖
石橋けい
石橋けい
相島一之
相島一之




モボ・モガプロデュース『多重露光』

舞台『多重露光』

出演:稲垣吾郎/真飛聖 竹井亮介 橋爪未萠里/石橋けい 相島一之 他

脚本:横山拓也

演出:眞鍋卓嗣

企画・製作:(株)モボ・モガ

会場:日本青年館ホール

公演日程:2023年10月6日(金)~10月22日(日)

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました