『雨降って、ジ・エンド。』の公開日が2月10日に決定!さらに群青いろ最新作『彼女はなぜ、猿を逃したか?』の公開も決定!

記事内に広告が含まれています。

『東京リベンジャーズ』シリーズなどの人気作を手がける脚本家・髙橋泉と、『凶悪』(13)など俳優、監督としても活動する廣末哲万からなる映像ユニット「群青いろ」。2001年の結成から精力的に作品を発表し続け、絶大な人気を誇る彼らの17年ぶりとなる劇場公開作『雨降って、ジ・エンド。』の公開日が2月10日(土)に決定した。

映画『雨降って、ジ・エンド。』
映画『雨降って、ジ・エンド。』ポスタービジュアル

さらに『雨降って、ジ・エンド。』の公開を記念し、「群青いろ」の現在地が伺い知れる最新作『彼女はなぜ、猿を逃したか?』の公開も2月24日(土)に決定!


スポンサーリンク



『彼女はなぜ、猿を逃したか?』は「高校生が動物園の猿を逃した」という実際のニュースをモチーフに、髙橋が執筆した脚本を自ら監督。動物園の猿を逃すという事件を起こした女子高生と、その理由を探るうちに徐々に精神のバランスを崩していくルポライターの二人、そしてユニークな周囲の人物たちから「切り抜き報道」や「誹謗中傷」というホットなトピックを浮かび上がらせる、唯一無二の「炎上」サスペンス。東京フィルメックス2022や第15回下北沢映画祭でお披露目され、緻密かつ挑戦的な構成も相まって観客をざわつかせてきた本作がついに期間限定で上映される。

『彼女はなぜ、猿を逃したか?』ポスタービジュアル
『彼女はなぜ、猿を逃したか?』ポスタービジュアル

取材対象の女子高生にのめり込んでいくルポライター・優子を演じたのは、群⻘いろ作品のレギュラーメンバーである新恵みどり。真剣なのかふざけているのか、その境目が曖昧なテンションを終始保ち、滑稽でありながら危うい存在感を放つ。その夫・奏太に扮したのは、群⻘いろの片割れにしてインナープレイヤーを担う廣末哲万。不穏な雰囲気を漂わせながら不意に爆発させる感情表現で場を圧倒する。また、事件と物語の鍵を握る高校生・未唯役とトキオ役にはドラマ「最⾼の教師1 年後、私は⽣徒に■された」(NTV)にも出演した藤嶋花音と萩原護がそれぞれ抜擢。実年齢に近い役柄を瑞々しく生きた。その外壁を、群⻘いろの作品世界をよく知る常連俳優・高根沢光や結らが支えている。 撮影は映像作家で俳優でもある恵水流生が努めた。

『彼女はなぜ、猿を逃したか?』より
『彼女はなぜ、猿を逃したか?』より
『彼女はなぜ、猿を逃したか?』より

解禁されたポスタービジュアルには「切り抜きされた私たちの景色」のコピーと共に、ルポライター・優子と挑戦的な眼差しの女子高生・未唯、背後には「切り抜き」を象徴するようにカメラを構えた奏太とトキオの姿が。登場人物たちの「切り抜く」、もしくは「切り抜かれる」様子を捉えた場面写真も併せて到着している。見ず知らずの他人の動向にまつわる膨大な情報やフェイクニュースに日々振り回される中で本当に目を向けるべきものは何か。奇妙で、しかし晴れやかな光で照射する『彼女はなぜ、猿を逃したか?』は2/24よりポレポレ東中野にて公開。

『彼女はなぜ、猿を逃したか?』より
『彼女はなぜ、猿を逃したか?』より



スポンサーリンク



『雨降って、ジ・エンド。』

出演:古川琴音、廣末哲万、大下美歩、新恵みどり、若林拓也

監督・脚本:髙橋泉

音楽:平本正宏

企画:群青いろ

制作:カズモ

配給:カズモ

宣伝:MAP+山口慎平

公開:2024年2月10日



『彼女はなぜ、猿を逃したか?』

出演:新恵みどり 廣末哲万 藤嶋花音 萩原護 高根沢光

監督・脚本:髙橋泉

音楽:小山絵里奈

制作協力:カズモ

制作:エミールハート

配給:カズモ

宣伝:MAP+山口慎平

©群青いろ2022

公開:2024年2月24日


ポレポレ東中野にて2本連続ロードショー

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました