映画『無頼』2種類のポスタービジュアル解禁!井筒和幸監督発案の昭和バージョンも!!

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で描き続けてきた井筒和幸監督。その8年ぶりとなる新作『無頼』が、2020年5月16 日(土)より新宿 K’s cinemaほか、全国順次ロードショー。主役のアウトサイダーを演じるのは、EXILEのパフォーマーとして活躍し、現在は俳優としてテレビ・舞台で活躍する松本利夫。本日、作品のポスタービジュアル2種類が解禁された。

映画『無頼』ポスタービジュアル 昭和バージョン
映画『無頼』ポスタービジュアル 事件バージョン

作品が打ち出す昭和の色。それを色濃く打ち出す井筒監督発案の昭和バージョン。「昭和という時代の熱量やヒリヒリ感を今の人たちに感じてほしい」それが発案のきっかけだと井筒監督は語った。そしてもうひとつは、昭和のさまざまな事件が彷彿としてよみがえる事件バージョン。どちらのバージョンも熱く生きた男たちの姿を思い起こさせる。


主人公は、誰もが“欲望の資本主義”を追いかけた戦後日本そのもの。激しく変転を続けた昭和という時代が、世間という“良識の監獄”の外側で生き抜いたヤクザ者たちの群像劇を通して逆照射される。

ストーリー

太平洋戦争に敗れ、貧困と無秩序の中に放り出された日本。焼け跡から立ち上がった大衆は、高度経済成長のもとで所得倍増を追い、バブル崩壊まで欲望のままに生きて、昭和が去ると共に勢いを止めた。理想の時代から、夢の時代、そして虚構の時代へ──。誰もが豊かさを欲する社会の片隅で、何にも怯むことなく、たった一人で飢えや汚辱と闘い、世間のまなざしに抗い続けた“無頼の徒”がいた。やがて男は一家を構え、はみだし者たちを束ねて、命懸けの裏社会を生き抜いていく……。過ぎ去った無頼の日々が今、蘇える。正義を語るな、無頼を生きろ!


スポンサーリンク

映画『無頼』

監督:井筒和幸

出演:松本利夫(EXILE)柳ゆり菜 中村達也 ラサール石井 小木茂光 升毅 木下ほうか

配給:チッチオフィルム

配給協力:ラビットハウス

宣伝:楽脳

©2020「無頼」製作委員会/チッチオフィルム


2020年5月16日(土)より新宿 K’s cinemaほか全国順次ロードショー

タイトルとURLをコピーしました