池内博之がドラマ24『シジュウカラ』第7話から登場!「皆さんがドキドキするようなシーンを沢山作っていければ」

俳優の池内博之がテレビ東京系で毎週金曜深夜0時12分から放送中のドラマ24『シジュウカラ』第7話放送回から登場する。

池内博之『シジュウカラ』
©「シジュウカラ」製作委員会

『シジュウカラ』は原作「JOUR」(双葉社)連載中の、女性から圧倒的支持を得ている漫画家・坂井恵理による同名コミック。主人公の売れない漫画家・綿貫忍を女優の山口紗弥加、主人公・忍と恋に落ちる22歳のアシスタント・橘千秋を板垣李光人が演じ、監督は大九明子が務めている。

スポンサーリンク


放送が始まると、人間の光と闇を繊細に描く演出やまったく先が読めない展開で、Twitter でトレンド入りするなど話題を集めている。先週放送の第6話では、忍(山口紗弥加)は千秋(板垣李光人)との関係を終わらせ、夫・洋平(宮崎吐夢)との離婚も決意したが、洋平が倒れてしまい…ますますその後の展開が気になるところで放送が終了した。本日2月18日(金)深夜0:22から放送の第7話からは、一気に時が進み、5年後の世界に。45歳になった忍と、28歳になった千秋。二人がどのような結末を迎えるのか、そして、その他の登場人物たちの人生は?

©「シジュウカラ」製作委員会

第7話からは池内博之演じる漫画編集者で忍の元カレ・岡野克巳が登場。池内は視聴者に向けて「岡野は忍が久々に出会う元彼です。彼女が改めて漫画と向き合うきっかけを作る大事な役でもあります。そしてそこから、彼女に思いを寄せていくわけで、まさに不倫相手。皆さんがドキドキするようなシーンを沢山作っていければと思います。女性目線で色々と響く所もあるかと思います」とコメント。岡野の登場で新たな物語が動き始める。最後まで目の離せない展開に期待だ!


池内博之コメント

池内博之/撮影:Photographer 山口侑紀

「シジュウカラ」テレビドラマ化のオファーを受けた時の感想は?

どんどん作品のストーリーにのめり込み今後の展開が非常に気になりました。


原作を読んだ感想をお聞かせください。

仕事と家庭の両立だったりタブーとされる不倫だったりがテーマになってきますが、同世代の方々から共感できるようなどこか切なくて、力のある作品を作れたらと思います。


視聴者のみなさんへメッセージを

僕が演じる岡野は忍が久々に出会う元彼です。彼女が改めて漫画と向き合うきっかけを作る大事な役でもあります。そしてそこから、彼女に思いを寄せていくわけで、まさに不倫相手。皆さんがドキドキするようなシーンを沢山作っていければと思います。女性目線で色々と響く所もあるかと思います。今までにない、純愛不倫ドラマができるよう、がんばっていきたいと思います。

スポンサーリンク



ドラマ24『シジュウカラ』

放送時間:毎週金曜深夜0時12分 ※2月18日(金)放送の第7話は深夜0時22分から
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
出演:山口紗弥加 板垣李光人 宮崎吐夢 入山法子 和田光沙 / 酒井若菜 池内博之
オープニングテーマ:ロイ-RöE- 「ニードル」(SDR)
エンディングテーマ:SpendyMily 「後悔」
原作:坂井恵理「シジュウカラ」(双葉社 JOUR COMICS)
監督:大九明子 成瀬朋一 上田迅
脚本:開真理(最終話:大九明子と共著)
音楽:侘美秀俊
漫画監修・漫画協力:坂井恵理 ねこしみず美濃 鹿島麻耶
漫画協力(五十音順):イシデ電 おくやまゆか おざわゆき 水都正枝 森泉岳土 安永知澄
チーフプロデューサー:祖父江里奈(テレビ東京)
プロデューサー:北川俊樹(テレビ東京)、高橋優子(ザ・ワークス)
制作:ザ・ワークス
製作著作:「シジュウカラ」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました