堀家一希 主演の映画『世界は僕らに気づかない』が第17回大阪アジアン映画祭コンペティション部門に入選!

映画『世界は僕らに気づかない』(主演:堀家一希、脚本・監督:飯塚花笑)が第17回大阪アジアン映画祭コンペティション部門に入選した。

映画『世界は僕らに気づかない』
©2022「世界は僕らに気づかない」製作委員会

大阪アジアン映画祭のテーマは「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」。暉峻創三プログラミング・ディレクターの下、アジア映画最新作の上映や多様なプログラムが実施される本映画祭は、今年で17回目。また、スクリーン上映に加え、過去に大阪アジアン映画祭で上映された作品のうち、今こそ世界に知られるべき作品を中心にピックアップした「大阪アジアン・オンライン座」でのオンライン上映も開催される。

スポンサーリンク


本作が入選した「コンペティション部門」は、大阪アジアン映画祭の中核となる部門で、ジャパンプレミア以上となるアジア映画(日本映画を含む)およびアジアと深い関係を有する映画が上映。審査委員により、グランプリ(最優秀作品賞)、来るべき才能賞等が選定される。2021年は『いとみち』(横浜聡子監督)が入選、グランプリを受賞した。

©2022「世界は僕らに気づかない」製作委員会

主演を務める堀家一希は、岡山出身の24歳。映画『泣くな赤鬼』(ʻ19年/兼重淳監督)での高校時代の斎藤(ゴルゴ)役や、『東京リベンジャーズ』(ʻ21 年/英勉監督)でのパーちん役など、その存在感ある演技が輝く若手俳優。脚本・監督を務めるのは、様々な映画祭での受賞経験を持つ飯塚花笑(いいづか・かしょう)監督。


堀家一希演じる主人公・純悟は、複雑なバックグラウンドを抱えている。フィリピン人の母親と2人きりの家庭で育ち、その環境を受け入れられず、周囲とぎくしゃくした関係にある。そこに思春期ならではの不安定な感情もプラスされた、難しい役どころを長編映画初主演の堀家一希が堂々と演じ切った。息子である純悟への深い愛情を抱きつつ、厳しい態度もとってしまう母親・渡辺レイナをスコットランド人の父親とフィリピン人の母親を持つGOWが演じる。

©2022「世界は僕らに気づかない」製作委員会

本作は、監督、スタッフ、キャストなど、作品に関わる多くの人々が群馬県在住者及び、出身者で制作され、全編群馬県内にて撮影が行われた。群馬県は、工場が多い土地柄、早くから外国人の労働者が多く住む⼟地で、自治体も多様性の認知についても積極的に取り組んでいる。2020年には県内全域に「ぐんまパートナーシップ宣誓制度」が導入された。

©2022「世界は僕らに気づかない」製作委員会


【ストーリー】
群馬県太田市に住む高校生の純悟(18)は、フィリピンパブに勤めるフィリピン人の母親を持つ。父親のことは母親から何も聞かされておらず、ただ毎月振り込まれる養育費だけが父親との繋がりである。純悟には恋人の優助(18)がいるが、優助からパートナーシップを結ぶことを望まれても、自分の生い立ちが引け目となり、なかなか決断に踏み込めずにいた。そんなある日、母親のレイナ(41)が再婚したいと、恋人を家に連れて来る。見知らぬ男と一緒に暮らすことを嫌がった純悟は、実の父親を探すことにするのだが…。


【第17回大阪アジアン映画祭】
会期:2022年3月10日~20日
会場:梅⽥ブルク7(梅⽥)
ABCホール(福島・ほたるまち[朝日放送テレビ社屋内])
シネ・リーブル梅田3F・4F(梅田)
国立国際美術館(中之島)


スポンサーリンク

映画『世界は僕らに気づかない』

【キャスト】
堀家一希 GOW
篠原雅史 村山朋果 岡田信浩 宮前隆行 田村菜穂 藤田あまね 鈴木咲莉
加藤亮佑 高野恭子 橘芳美 佐田佑慈
竹下かおり 小野孝弘 関幸治 岩谷健司
【スタッフ】
脚本・監督:飯塚花笑
プロデューサー:菊地陽介、山田真史、飯塚花笑
協力プロデューサー:志尾睦子、佐久間由香里
撮影:角洋介
サウンドデザイン:紫藤佑弥
ヘアメイク:浅井美智恵
衣裳:村上久美子
助監督:緒方一智
制作担当:久保智彦
編集:阿部誠
音楽:佐藤那美

©2022「世界は僕らに気づかない」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました