モデルのEida、木下絵里香、渡邊璃生、石川由菜が参加!クリエイターとモデルを繋ぐ、何でもアリの写真展「サクドリ」Vol.3が浅草にて開催

クリエイターとモデルを繋ぐ、何でもアリの写真展「サクドリ」Vol.3が本日2月17日(月)より浅草九スタで開催される。タイトルは写真展「Girls, be ambitious.」。会期は2月17日(月)から2月24日(月)まで。同展では、新進気鋭のモデルEidaや木下絵里香だけでなく、渡邊璃生、石川由菜らがモデルとして参加。主にフィルムカメラで広告撮影を行う、2001年生まれのフォトグラファー・葵が撮り下ろす。「作品撮り」(通称、サクドリ)=撮りたいものを撮りたいように撮る。クリエイターとモデルが、自由に作りたいものを作る写真展。

メインビジュアル


サクドリ Vol.3 写真展「Girls, be ambitious.」

■モデル(順不同):Eida / 木下絵里香 / 渡邊璃生 / 石川由菜

■フォトグラファー:葵

■入場料:無料

■会期:2020年2月17日(月)~2月24日(月)

■開館時間:12:00-20:00 ※ただし、月曜日は19:00まで、水曜日と木曜日は17:00まで開館。

■会場:浅草九スタ(東京・浅草)

■住所:東京都台東区浅草 2-16-3 ※浅草九劇ヨコ


モデルプロフィール

Eida(13)

2006年8月4日生まれ。ロサンゼルス在住。日本人の母とアメリカ人の父を持つ。2020年1月、「NYLON JAPAN」で雑誌デビュー。4月には、Fashion Art Magazine「ooze」でカバーモデルを務めることが決定している。

木下絵里香(きのした・えりか/13)

アメリカと日本のハーフの中学1年生。俳優としてのみならずフォトグラファーとしても活躍する安藤政信さんが手掛けた「ihme issue5」の表紙に起用され、デビュー。13歳とは思えない驚きのスタイルと圧倒的な存在感を放つ。

渡邊璃生(わたなべ・りお/19)

「ベイビーレイズ JAPAN」元メンバー。愛称はりおトン。大人びた風貌とは裏腹に、天然で不思議な魅力を醸し出すと話題。趣味は“蛾の標本集め”や“教会巡り”などかなり個性的。小説や歌詞を書くことを得意としていることから現在、執筆活動にも力を入れている。小説の執筆、作詞を行う際には別名義の工藤了として活動。

石川由菜(いしかわ・ゆな/21)

1998年11月22日生まれ。千葉県出身。「ミス理科大コンテスト2018」にて準グランプリ受賞。現在「Ray 専属読者モデル」として活躍中。


フォトグラファープロフィール/コメント

葵(あおい)

2001年生まれのフォトグラファー。主にフィルムカメラでおさめた学校生活の写真が多く、最近は三ツ矢サイダーとのタイアップの撮影などを手がける。

コメント

今回コラボさせていただいた4人のモデルさんの、それぞれの雰囲気や世界観をフィルムで表現しました。歳が近いこともあって、色々な表情を引き出せた撮影だったと思います。

タイトルとURLをコピーしました