村田寛奈が主演&主題歌の短編映画『たまには、大きな声で』の制作が決定!クラウドファンディングがスタート!

パフォーマンスガールズユニット9nineのメンバー村田寛奈が、主演&主題歌を務める短編映画「たまには、大きな声で」の制作が決定し、本日11月27日(水)よりクラウドファンディングがスタートした。

9nineが活動休止になってから、音楽や演技の仕事に積極的に取り組んできた村田。今年春から本格的に取り組み始めたアコースティックギター弾き語りのYouTubeチャンネル「#ひろろいろ」を開設し、弾き語り動画をこの半年毎週欠かさずに投稿した。そんな村田の姿に共鳴し、映画監督の柴山健次氏(「パーフェクトワールド 君といる奇跡」ほか)が、村田をモデルにした短編映画の脚本を寄せたことから、今回の企画が始まった。


同作品内で村田が演じるのは、アマチュアのシンガーソングライター・大石慶子。劇中の楽曲を村田自身が作詞・作曲し、主人公として歌い上げる内容になっている。今回の企画に寄せて、村田は「私自身、新たな挑戦であり、大切な作品になる。そして何より、『皆さんと一緒に作るショートムービー』そんな作品を作りたいと考えてます。みんなとなにかを作れるなんて、楽しいに違いない!と、今からワクワクしています。みなさまぜひ、ご協力をよろしくお願いします」とコメント。


映画「たまには、大きな声で」は、2020年2月から撮影を行い、春頃の公開を予定している。クラウドファンディングのリターンには、村田からのお礼ムービー、オフショット画像データ集、撮り下ろし生写真、短編映画の視聴用URL、エンドロールへの名前記載、サイン入りミニ色紙のほか、劇中のライブシーンへのエキストラ参加権などの特典も。期間は2020年1月28日(火)23:59までとなっている。村田寛奈の「次のステップへの大きなきっかけ」になる作品の応援プロジェクトに、参加してみてはいかがだろうか?

村田寛奈 コメント

特定のものにこだわらず、色んな分野で発展させていきたい。そんな思いで始めた#ひろろいろ。自分ができるようになったことが増え、周りで支えてくださる方々の力もあり、本当に少しずつですが、大きくなってきてると感じています。ありがとうございます。そして今回、この#ひろろいろの活動がきっかけで、あるシナリオを寄せて頂き、それを形にしショートムービーを制作したいという思いから、クラウドファンディングをさせていただくことになりました。私自身、新たな挑戦であり、大切な作品になる。そして何より、「皆さんと一緒に作るショートムービー」そんな作品を作りたいと考えてます。みんなとなにかを作れるなんて、楽しいに違いない!と、今からワクワクしています。みなさまぜひ、ご協力をよろしくお願いします。

村田寛奈 – クラウドファンディング ご挨拶


村田寛奈 プロフィール

1996年12月29日生まれ。兵庫県出身。

パフォーマンスガールズユニット9nineのメンバー。アコースティックギター弾き語りのYouTubeチャンネル「#ひろろいろ」を開設し、毎週一本の動画を投稿。ソロとしてのワンマンライブも2回開催。現在は、女優業にも意欲的に取り組んでおり、近作に舞台『『ギア-GEAR-』East Version』、舞台『キンギンヒシャカク!?乙女の一手?』 舞台『明日、君を食べるよ』 など。


映画「たまには、大きな声で」

公開予定時期:2020年春頃予定

上映館:未定

出演者情報:村田寛奈(主演・劇中歌)


ストーリー

アマチュアのシンガーソングライターの大石慶子はスランプだ。新曲も書けず、歌声もよくない。そんな彼女のスランプを、【彼】はよく実感していた。それはこれまで【彼】が慶子のサウンドを裏方として作り上げてきたからだ。慶子は東京の事務所に所属することが決まっている。全力で応援したいと思っている【彼】は、慶子の最近の腑抜け具合に落胆していた。その態度の理由も【彼】には想像がついていた、「慶子はおれに甘えている」「おれの存在が慶子の足を引っ張っている」。慶子は、突然【彼】から別れを言い渡される。慶子は、友人からも音楽に気持ちが入っていないことを注意されていた。「このままではいけない」と気持ちを新たに、曲作りに取り掛かる。東京に向かう数日前、慶子は地元で最後のライブを開く。新曲には「もう、ひとりで大丈夫。ひとりで歩いていける」と言うメッセージを込めた。それはけじめだった。安心させたい人たちがいた。ライブハウスの一番奥には【彼】の姿。【彼】は慶子の思いを受け止めていた。ライブを終えた慶子は、未来に眼差しを向けていた。


【村田寛奈(9nine)】が主演&主題歌を担当する短編映画制作応援プロジェクト

https://www.muevo.jp/campaigns/2237