DISH//橘柊生が4月公開の映画『モービウス』予告でピアノ演奏を披露!

4月1日(金)に日米同時公開される映画『モービウス』の日本版15秒予告に流れる「エリーゼのために」のピアノ演奏を、DISH//の橘柊生が手掛けていることが分かった!昨年公開された、スパイダーマンの宿敵でありマーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>を描いた映画『ヴェノム』では日本語吹替版主題歌を担当したDISH//。今作『モービウス』では、橘柊生がモービウスの哀しき運命をピアノで奏でる。本日、橘柊生からコメント映像が届いた。

橘柊生『モービウス』

マーベルの原作コミックではスパイダーマンの宿敵として描かれるモービウス。しかし、その素顔は命を救うことに情熱を注ぐ天才医師マイケル。血に飢えた<ヴィラン>と<命を救う医師>という二つの顔を持つ彼を、徹底した役作りで知られるアカデミー賞®受賞俳優のジャレッド・レトが演じる。これまでに解禁された予告編では、『スパイダーマン』や『ヴェノム』との繋がりを感じさせるシーンが登場し、マーベルファンの間で様々な憶測を呼んできた本作。

スポンサーリンク


人を救う医師が―生きるため悪になる

天才医師マイケル・モービウス(ジャレッド・レト)。彼は幼いころから血液の難病を患っていた。同じ病に苦しみ、同じ病棟で兄弟のように育った親友のマイロ(マット・スミス)のためにも、一日も早く、治療法を見つけ出したいという強い思いからマイケルは実験的な治療を自らに施す。それはコウモリの血清を投与するという危険すぎる治療法だった。彼の身体は激変――。全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的なスピードと飛行能力、さらには周囲の状況を瞬時に感知するレーダー能力を手にする。しかしその代償は、抑えきれない<血への渇望>だった。まるで血に飢えたコウモリのように、自らをコントロールするために人工血液を飲み、薄れゆく人間としての意識を保つマイケルの前に、生きるためにその血清を投与してほしいと親友マイロが現れる。懇願するマイロを「危険すぎる、人間ではいられなくなる」と拒み続けるマイケル。しかしNYの街では、次々と全身の血が抜かれた殺人事件が頻発する―― 。

モービウス (ShoPro Books)
天才生物学者マイケル・モービウスは、難病の血液疾患に長年苦しめられていた。治療法を探し求め、人生を懸けて薬の研究に没頭した結果、モービウスはノーベル賞を受賞するほどの成果を上げるが、病は着実に彼の身体をむしばんでいた。やがて死に瀕したモービウスは、自分自身を実験台に吸血コウモリの血清を用いた新たな治療法を試すことを決意...


DISH//橘柊生のピアノの旋律が、モービウスの<哀しき運命>を奏でる
15秒予告では、人々の命を救う医師であるマイケル・モービウスが、抑えきれない<血への渇望>に葛藤する姿が描かれている。そこに流れる橘柊生による「エリーゼのために」のピアノの旋律が、【悪】へと堕ちていくモービウスの哀しい運命を物語っている!モービウスについて橘柊生は「天才医師にして怪物、というマーベルの新たなるヴィランとして大注目のキャラクター」と話し、「予告の中でモービウスが「I am Venom(アイ アム ヴェノム)」とつぶやくセリフが入っていたり、スパイダーマンにも繋がっていきそうだなと感じる意味深なシーンもあったりしますので、マーベルの世界線がどのように繋がっていくのか、僕もワクワクしていますんで、皆さんで一緒に楽しんでいきましょう。」と、『スパイダーマン』や『ヴェノム』と繋がるユニバースに大きな期待をコメントで寄せている!



橘柊生 コメント

こんにちは。DISH//のDJ・キーボード、橘柊生です。今日はホワイトデーということで、皆さんに素敵な報告がございます!僕たち DISH//は、昨年12月に日本で公開された、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本語吹替版主題歌を担当させていただいたんですけれども、この度、『スパイダーマン』『ヴェノム』に続くソニー・ピクチャーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクターズとして4月1日に日米同時公開される『モービウス』にも関わらせていただくことになりました!


モービウスというキャラクターは、天才医師にして怪物、というマーベルの新たなるヴィランとして大注目のキャラクターでございます。『モービウス』のプロモーション映像の中で、あの有名なピアノ曲「エリーゼのために」が使われているんですけれども、それをなんと、僕が弾かせていただきました。なので、僕ひとりで今しゃべっています。予告の中でモービウスが「I am Venom(アイ アム ヴェノム)」とつぶやくセリフが入っていたり、スパイダーマンにも繋がっていきそうだなと感じる意味深なシーンもあったりしますので、マーベルの世界線がどのように繋がっていくのか、僕もワクワクしていますんで、皆さんで一緒に楽しんでいきましょう。公開は4月の1日です。お楽しみに!以上、DISH//の橘柊生でした。


「エリーゼのために」を弾いたのは… DISH// 橘柊生<スペシャル・メッセージ>『モービウス』



映画『モービウス』

原題:MORBIUS

監督:ダニエル・エスピノーサ

脚本:マット・サザマ/バーク・シャープレス

出演:ジャレッド・レト/マット・スミス/アドリア・アルホナ/ジャレッド・ハリス/アル・マドリガル/タイリース・ギブソン

日本語吹替版声優:中村悠一(モービウス)、杉田智和(マイロ)、小林ゆう(マルティーヌ)、楠大典(ストラウド)、田村睦心(少年時代のモービウス)、松本沙羅(少年時代のマイロ)

©2022 CTMG. © & TM 2022 MARVEL.


4月1日(金)全国の映画館にて公開

タイトルとURLをコピーしました