伊藤健太郎 主演の映画『冬薔薇(ふゆそうび)』特報映像が解禁!「今はもう、失うものは何もない」

主演に伊藤健太郎を迎え、阪本順治監督のオリジナル脚本で描く映画『冬薔薇(ふゆそうび)』が2022年6月3日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開されることが決まった。それに合わせ特報映像が解禁となった。

伊藤健太郎/『冬薔薇』

本日解禁となった特報映像は、主人公の青年・渡口淳(じゅん)を演じる伊藤健太郎の撮影時のコメントから始まる。「今はもう、失うものは何もない。お芝居ができる環境にいられるということがすごく幸せ」と語るその姿には、本作に懸ける並々ならぬ思いが込められている。

スポンサーリンク


その後には、今回初めてタッグを組んだ阪本順治監督との撮影現場でのやり取りが続く。本作の製作発表時に「伊藤健太郎に逢ってから当て書きした脚本で、余力があればスタッフとして現場でも働いてくれている」と阪本順治監督がコメントしている通り、この撮影現場の様子からもその意気込みが伝わる。そして最後に映し出されるスローモーション映像は、この特報唯一の劇中シーン。静かに、目を伏せがちに振り返る淳の眼差しの先に待つものとは……?


映画『冬薔薇(ふゆそうび)』は6月3日(金)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー。



映画『冬薔薇(ふゆそうび)』特報


映画『冬薔薇(ふゆそうび)』ストーリー

ある港町。専門学校にも行かず、半端な不良仲間とつるみ、友人や女から金をせびってはダラダラと生きる渡口淳(伊藤健太郎)。“ロクデナシ”という言葉がよく似合う中途半端な男だ。両親は埋立て用の土砂を運ぶ海運業を営むが、時代とともに仕事も減り、後継者不足に頭を悩ましながらもなんとか日々をやり過ごしていた。淳はそんな両親の仕事に興味も示さず、親子の会話もほとんどない。そんな折、淳の仲間が何者かに襲われる事件が起きる。そこに浮かび上がった犯人像は思いも寄らぬ人物のものだった……。

スポンサーリンク



映画『冬薔薇(ふゆそうび)』

脚本・監督:阪本順治

出演:伊藤健太郎 他

配給:キノフィルムズ

製作:木下グループ

6月3日(金)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

タイトルとURLをコピーしました