役所広司、菅田将暉、森七菜が出演の映画『銀河鉄道の父』劇場公開日が決定!特報映像が解禁!

役所広司、菅田将暉、森七菜が出演する映画『銀河鉄道の父』の劇場公開日が、2023年5月5日(金・祝)に決定。特報映像が解禁された。

映画『銀河鉄道の父』
映画『銀河鉄道の父』 ©2022「銀河鉄道の父」製作委員会

解禁された特報映像は、暗闇を走る汽車の中で「宮沢賢治の父、政次郎でございます。」という政次郎(役所広司)の自己紹介から始まる。古い町並みの中、「熱く心揺さぶる笑いと涙の家族の物語が誕生する」というナレーションが流れ、「賢治、ただいま帰りました!」と純粋さ溢れる賢治(菅田将暉)の帰宅シーン、宮沢家それぞれの紹介映像と続く。「賢治の世話は私がする」と政次郎が割烹着をまとい、賢治が「じゃじゃ!?」と驚くカットが壮大な音楽とともにテンポ良く流れる。


「明日から家業の修行さ励め」と父親らしく賢治に言い渡す政次郎に対し、「イヤです。」と切り返す賢治。「え!?」という政次郎の驚きもつかの間、賢治は「俺はエマーソンやベルクソン、ツルゲーネフやトルストイの本を読んで勉強しました・・・」と語り出し、「うるせぇ、うるせぇ、ああああ、うるせぇ!」と政次郎はうんざりするという、思わず笑みがこぼれてしまうような親子のやり取りが繰り広げられる。ラストは、「このバカ息子!でもラブだ!超マジだ!」という一筋縄にはいかない親子関係、宮沢家を包み込む愛、ぶつかり合いながらも支え合う家族愛が伝わってくるコピーが印象的な特報映像に仕上がった。日本のみならず世界中の“人の心”に生き続ける宮沢賢治。没後90年となる2023年。不安定で激動の時代に、人の心に生きる力を与えてくれる珠玉の一本が誕生した。

スポンサーリンク



映画『銀河鉄道の父』特報映像!



映画『銀河鉄道の父』

出演:役所広司 / 菅田将暉 森七菜 豊田裕大 / 坂井真紀 / 田中泯
監督:成島出
原作:門井慶喜「銀河鉄道の父」(講談社文庫)
脚本:坂口理子 音楽:海田庄吾
製作:木下グループ
制作プロダクション:キノフィルムズ / ツインズジャパン
配給:キノフィルムズ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
©2022「銀河鉄道の父」製作委員会

2023年5月5日(金・祝)全国公開

タイトルとURLをコピーしました