佐久間由衣、初主演映画のタイトル聞いて「私、お嫁に行けなくなるのかなって」映画『“隠れビッチ”やってました。』舞台挨拶

スポンサーリンク

2019年11月4日(月)東京・TOHOシネマズ六本木にて、第32回東京国際映画祭 特別招待作品の映画『“隠れビッチ”やってました。』舞台挨拶が行われ出演者の佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、監督・脚本の三木康一郎が登壇した。

あらいぴろよの実体験をもとに描いた同名のコミックエッセイをもとにした本作は、一見すると清楚だが、実は男心を弄ぶ“隠れビッチ”の荒井ひろみ(佐久間由衣)が、気になるお相手・安藤(小関裕太) を本気で好きになってしまい、本当のしあわせに気づく。彼女が出した答えとは…


本作で映画初主演の佐久間は「台本読むまでタイトル名“隠れビッチ”やってましたというところだけ見て、私、お嫁に行けなくなるのかなって思いました(笑)」と振り返り、実際に台本を読んだら「ビッチというより承認欲求と向き合う話だったので」と引き受けた理由を明かす。撮影は終始大変だったようで「監督から厳しいご指導があり、テンションを高く保ったまま、なんとか乗り切った感じです」と苦笑い。


シェアハウスで、ひろみと同居し、お母さん的存在だった役のことを聞かれ村上は「包容力がある、ほぼママですから」と自身の役について説明。同じくひろみの同居人の彩を演じた大後は「観てもらったらわかるのですが、言ってることも激しいので、小島(村上虹郎)はよく二人を家に同居させてくれているなぁ」とポツリ。ひろみが本気で好きになった安藤を演じた小関は自身の役について「カテゴリーにハマらない系男子でフラットで女性から見てつかみどころのない男性」と自身の演じた役について解説。

佐久間演じる荒井ひろみが、さまざまな手段で男性を落とす内容の映画にちなみ、気になる異性への必殺モテテクニックをフリップで披露することに。佐久間は「テクニックというより、してみたいことですが」と前置きし、「お酒の力を借りてみたい」というフリップを披露。劇中みたいに「あんな風にできたら楽だなと、どこか羨ましい気持ちもあり。普段あまり飲みませんが、お酒の力を借りて甘えられたらいいな」と照れながら答えた。村上は「口数を減らす」、大後は「あっ転ぶ、袖をつかむ」、小関は「好きって言う」と発表し会場のファンを喜ばせた。


最後の挨拶で佐久間は「私自身、映画初主演で出来ないこともたくさんありましたが、皆さんに支えてもらいながら、ひとつの形にすることができました」と目に涙を浮かべながら話し「強烈なタイトルですが、中身は愛が詰まった温かい作品になっています」とアピールし舞台挨拶を終えた。


映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日(金)全国ロードショー


12/6(金)公開『“隠れビッチ”やってました。』予告篇

12/6(金)公開『“隠れビッチ”やってました。』予告篇

映画『“隠れビッチ”やってました。』

出演: 佐久間由衣/村上虹郎 大後寿々花 小関裕太 /森山未來 他

監督・脚本:三木康一郎

原作:あらいぴろよ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社 刊)

主題歌:Kitri「さよなら、涙目」( BETTER DAYS/日本コロムビア)

配給:キノフィルムズ

©2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/ 光文社

公式サイト:http://kakurebitch.jp/


映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日(金)全国ロードショー