のん、3年ぶり新作に「すごく緊張しました」『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ワールドプレミア舞台挨拶

スポンサーリンク

2019年11月4日(月)東京・TOHOシネマズ六本木にて、第32回東京国際映画祭 特別招待作品の映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ワールドプレミア舞台挨拶が行われ、のん、岩井七世、主題歌と劇中歌を担当したコトリンゴ、監督・脚本の片渕須直が登壇した。

写真左よりコトリンゴ、のん、片渕須直、岩井七世


2016年11月に公開され、来場観客数210万人を超えた『この世界の片隅に』に新たに250を超えるカットが物語の随所にちりばめられた。のんが主人公・すずの声を引き続き担当し、遊郭に迷い込んだすずと出会う女性・リンを岩井が担当。監督の片渕は「すごく長い映画なのですが、実はまだ途中でして、まだあと数分長くなります。今日これから帰ったらまた作業です」と挨拶し、「もっと長いすずさんの人生のページを、この映画を通じて感じてもらえたら」と語りかけた。


のんは、3年ぶりにすずを演じることについて「期間を置いて、同じ役に挑むことが初めてなので、すごく緊張しました。何度も作品を観たり、原作を読み返したり、新しいシーンに対して、どう解釈していこうか悩みましたが、役を構築していくうちに、すずさんの感じが、よみがえってきました」と振り返る。岩井は「前作より3年経って、新しく入ったシーンがすごく楽しみでした。呉に行ったり、前作を全国いろいろな劇場で10回ぐらい観たりしていました。私自身作品のファンなので、収録は緊張しましたが、気張らずリラックスして当日に臨みました」と告白。


 音楽を担当したコトリンゴは「今作は、すずさんの世界にリンさんがすごく関わっていて、前作それぞれの登場人物の音楽を発展させる形で、自然に新しいシーンがつながっていけばいいなと思って作りました」と想いを伝えた 。監督の片渕は「今作は複雑になっていて、人間ってそんなに簡単なものではなく、たくさんのものに出会って、たくさんのものに苛まれて、でも生きていかなければならない。すずさんはもっとたくさんの人のことを見るわけです。前作で描かれていた、いろいろなシーン、いろいろな表情、いろいろなセリフに新しいシーンを加えたことで、『本当はこんなことをすずさんは心の中に抱いていたのかもしれない』『あんなふうに思いながら、こんなことをしゃべっていたのかもしれない』っていうことを思い描いていただけるようになっているのではないかな」と意気込んだ。

最後の挨拶で監督の片渕は「『この世界の片隅に』という映画があって、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』というのは、また新しい映画だというつもりで作りました。今日はその映画を初めて一般の方々に観ていただける機会になりました。こんなにたくさんの方々に最初から観ていただいて、こんなに嬉しいことはないです。今日、この時間を共有していただいて、ありがとうございます。どうぞ、これからもよろしくお願い致します」と締めくくり舞台挨拶を終えた。


『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日(金) テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開される。


映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編



『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

声の出演:のん

細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞

小野大輔 岩井七世 花澤香菜

潘めぐみ 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外


原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社 刊)

音楽:コトリンゴ

監督・脚本:片渕須直

製作統括:GENCO/アニメーション制作:MAPPA

配給:東京テアトル

後援:呉市・広島県/ 日本赤十字社

製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会

©2019こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

公式サイト:https://ikutsumono-katasumini.jp/


『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日(金) テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開