桜井日奈子、映画の舞台挨拶に英語の通訳がいて緊張!映画『殺さない彼と死なない彼女』

スポンサーリンク

2019年10月29日(火) 東京・TOHOシネマズ六本木にて、第32回東京国際映画祭 特別招待作品の映画『殺さない彼と死なない彼女』舞台挨拶が行われ、映画W主演の間宮祥太朗、桜井日奈子、監督・脚本を務めた小林啓一が登壇した。

東京国際映画祭への参加が初めての桜井に、間宮は「昨日のレッドカーペットも緊張していたんですけど、この舞台挨拶も英語の通訳がいて、それを聞き緊張してきたとのことです」と秘密を暴露し笑いを誘った。隣で苦笑いしていた桜井は「映画祭が初めてで、昨日は使い物にならないくらい緊張してしまいました。間宮さんがフォローしてくれて、やっと今ここに立てている状態です」と照れ笑い。


撮影を振り返り間宮は「監督が自然光にこだわっていて、光が気に食わない日は撮影をしないとか。それが許される余裕のあるスケジュールだったので充実して困ったこと、苦しんだことがなかったです」とニッコリ。桜井も「印象的だったとあるシーンでは、リハーサルの段階で5時間かけられるくらい余裕のあるスケジュールで監督の強いこだわりを、みんなで丁寧に作った作品です。私は5時間ゴミ箱をあさり続けました(笑)」と現場での秘話を披露し観客を驚かせた。


続いて間宮は「監督のデビュー作もそうなんですけど、今回も桜井さんをはじめ、女性を撮るのがとても上手くて、綺麗に撮っている作品なので2時間満足出来ると思います」と語ると、これに小林監督は「間宮君も美しく撮ったつもりなので、そこもかなり見どころです」と話を返して笑いをとった。


映画『殺さない彼と死なない彼女』は2019年11月15日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー。


映画『殺さない彼と死なない彼女』特報
映画『殺さない彼と死なない彼女』特報


舞台挨拶の前日に行われたレッドカーペットイベント

出演者の間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、主題歌を担当した奥華子、監督の小林啓一がレッドカーペットを歩いた。



場面写真

出演:間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松佑里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤 玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一

原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)

配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019 映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会

公式サイト:http://korokare-shikano.jp/

映画『殺さない彼と死なない彼女』2019年11月15日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー



第32回東京国際映画祭は10月28日(月)~11月5日(火)六本木ヒルズほかで開催

公式サイト:https://2019.tiff-jp.net/