橋本愛が第34回東京国際映画祭アンバサダーに就任!映画への想いを語る!

第34回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見が9月28日(火)都内にて開催され、女優の橋本愛が同映画祭のフェスティバル・アンバサダーに就任。橋本はアンバサダーに選ばれた時の想いや意気込みを語った。

写真左:吉田恵輔監督/右:橋本愛

橋本は東京国際映画祭によく通っていたらしく「この季節に暇があると映画祭のサイトをチェックして日常の延長線上にこの映画祭がありました。観客としてプライべートで作品を観に行かせてもらって人生を救われたり、出演させていただいた作品を上演させてもらってレッドカーペットを歩かせていただいたり、こうやって舞台挨拶をさせていただいたりと、東京国際映画祭とはご縁がありました。今回は新たにアンバサダーとしてご縁がありすごく嬉しいです」と喜びを語った。

橋本愛

橋本は具体的に第30回東京国際映画祭の『エンドレス・ポエトリー』を挙げ、「印象的な場面があり『愛されなかったから、愛を知ったんだ』という言葉。目からウロコで得られなかったからこそ、自分が何を欲しいのかがわかるんだと。自分の人生を変えてくれて感謝している」と振り返った。続けて「映画祭が、皆さんの生活だったり、人生の中でもっと大きな一部になっていけるよう、文化・芸術がもっと、日本の地中深くに根を張っていったらいいな」と期待を寄せた。

橋本愛

今映画祭で期待する作品を司会者に聞かれ橋本は「オープニング作品でクリント・イーストウッド監督の『クライ・マッチョ』と、個人的にダンスや舞踊に身体芸術が好きなので田中泯さんが主演の『名付けようのない踊り』が観たい」とハニカミながら答えた。第34回東京国際映画祭は2021年10月30日(土)~11月8日(月)の10日間、日比谷・有楽町・銀座地区にて開催される。

橋本愛


東京国際映画祭公式サイト:https://tiff-jp.net

タイトルとURLをコピーしました