映画『水上のフライト』舞台挨拶。中条あやみ、室伏広治に素質を絶賛され「この映画は金メダルですね!」【第33回東京国際映画祭】

第33回東京国際映画祭 特別招待作品の映画『水上のフライト』舞台挨拶が11月4日(水)東京・EXシアター六本木で開催され、出演者の中条あやみ、小澤征悦、監督を務めた兼重淳、スポーツ庁長官でアテネ五輪ハンマー投・金メダリストの室伏広治が登壇した。

『水上のフライト』第33回東京国際映画祭
写真左より小澤征悦、室伏広治、中条あやみ、兼重淳(監督)

本作は走高跳で世界を目指し、有望スポーツ選手として活躍していた藤堂遥(中条あやみ)がある日、不慮の事故に合い、二度と歩くことができなくなってしまう。将来の夢を絶たれ、心を閉ざし自暴自棄になるが、周囲の人々に支えられパラカヌーという新たな夢を見つけ、どん底から道を切り開いていく実話から着想を得た感動物語。

スポンサーリンク

同作で実際に競技用カヌーに乗って撮影をした中条。体育大学の学生でも乗るのに1カ月かかると言われる競技用カヌーに中条は「ボディダブル(代役)じゃなくて自分の力でしっかり漕いで、その臨場感がスクリーンに現れるといいな」と本作に懸けた意気込みを語り、最後は「全部、自分でやることができてよかったと思います」と自信を見せた。そんな中条を小澤は「僕が競技用カヌーに乗せてもらったときに、両サイド支えてくれていた人が手を離した瞬間に落ちましたからね。それに乗った中条さんは本当にすごいと思います! 」と、褒めたたえた。

特別ゲストとして登場した室伏は映画について「まずスポーツの映画を作ってくれてありがとうございます」と挨拶。この映画を鑑賞して「人生の苦難を多くの仲間と乗り越えたところに明るいものが見えた、という内容で、スポーツの素晴らしいシーンが多く感動しました」と感想を語った。中条の競技用カヌーのシーンについては「今まで経験が無いにもかかわらず、これまでやっていたんじゃないかと思うくらいでした。またハイジャンプのシーンも本当のハイジャンパーみたいだと陸上競技者として感じました。」と絶賛。金メダルアスリートからそのように言われた中条は「その言葉をいただけただけで、この映画は金メダルですね!」と笑顔で答えた。


映画『水上のフライト』は2020年11月13日(金)より全国公開される。また第33回東京国際映画祭は2020年10月31日(土)~11月9日(月)六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、東京国際フォーラムで開催中。



映画『水上のフライト』

11/13公開 映画『水上のフライト』予告編(60秒)

出演:

  • 中条あやみ
  • 杉野遥亮
  • 高月彩良
  • 冨手麻妙
  • 高村佳偉人
  • 平澤宏々路
  • 大塚寧々
  • 小澤征悦

監督:兼重淳

企画:土橋章宏

脚本:土橋章宏・兼重淳

主題歌:「ひとりで生きていたならば」SUPER BEAVER

協力:一般社団法人日本障害者カヌー協会

製作:映画「水上のフライト」製作委員会

製作幹事:カルチュア・エンタテインメント

制作プロダクション:C&Iエンタテインメント

配給:KADOKAWA

©2020 映画「水上のフライト」製作委員会

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017 審査員特別賞受賞作品

公式サイト:https://suijo-movie.jp/


映画『水上のフライト』は2020年11月13日(金)全国公開

タイトルとURLをコピーしました