映画 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』美しい風景が“想い”を織りなす場面写真解禁!

2019年12月20日(金)より全国公開の新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の新場面写真6点が本日公開された。第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向き、日々の暮らしを紡いでいく女性・すず(のん)の深い感情を、新たなエピソードを盛り込んだ意欲作。


2016年11月12日に公開された、映画『この世界の片隅に』。深い感動の輪を拡げていき、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70 以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼び、多くのフ ァンと上映劇場の熱意に支えられ、公開から1日も途絶えることなく1000日以上も日本全国どこかの劇場で、今も上映が続けられ ている。

新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』で、新たに加わるのは主に、すず、リン、周作の3人のエピソード。それぞれが秘める“こころのひみつ”が描き足されたことにより、複雑な心情が幾重にも絡みあう、より重厚な人間ドラマへと物語は変貌を遂げた。前作では、18歳で見知らぬ土地に嫁いだすずが、厳しい戦況の中でも工夫を凝らしながら懸命に生きていく、いわば“暮らし”を中心に描かれていたが、新作では、リンと周作の過去に気づいたすずが、自分の存在意義について思い悩み葛藤する、奥深い“心情”が描かれている。前作では見えてこなかったすずを含め登場人物の知られざる一面が、今回別の切り口によって浮き彫りになる。一つ一つのセリフも、新エピソードが加わったことによって、今までと全く違う意味合いにもなった。


先日、第32回東京国際映画祭にてワールド・プレミア上映を行い、「前作とは見終わった後の印象が全く違う!期待以上の新作!」と話題沸騰中の本作。250カットを超える新エピソードは、『この世界の片隅に』とは違う、全く新しい世界。


今回解禁となった場面写真6点で、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』で描かれる四季の描写が全てが揃った。北條家の一家が揃って花見をした満開の春。すずと晴美で小松菜の種を植えた初夏。赤とんぼが飛ぶいわし雲を夫婦で見つめた秋。そして、テルとすずが出会う雪が多かった昭和20年の冬…。美しい四季折々の場面写真の端々に、登場人物が抱える”いくつもの想い”を垣間見ることができる。

introduction

210 万人の胸を震わせたあの場面が、まったく異なる印象で迫ってくる。

この映画は、大ヒット映画『この世界の片隅に』の単なる長尺版ではない。250カットを超える新エピソードによって、これまで目にしていたシーンや人物像が、まったく異なる印象で息づきはじめる。『この世界の片隅に』を知る人も、知らない人も1本の“新作”として体感することになるだろう。すずの内面を大人の表現で魅せる女優のん、岩井七世(リン役)、細谷佳正(周作役)など、前作のキャストがパワーアップして再集結。さらに遊郭の女性テル役として花澤香菜が初参加。コトリンゴによる書き下ろしの新曲と共に、私たちを新たな世界へといざなう。


story

誰もが誰かを想いひみつを胸に優しく寄り添う広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして、昭和20年の夏がやってくる――。

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編


劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/花澤香菜/ 澁谷天外(特別出演)


音楽:コトリンゴ

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

監督・脚本:片渕須直

製作統括:GENCO

アニメーション制作:MAPPA

配給:東京テアトル

製作:2019「この世界の片隅に」製作委員会

©2019 こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

公式サイト:https://ikutsumono-katasumini.jp/


2019年12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペース他全国公開