吉岡里帆「藻」に夢中なリケジョを演じる!インタビューも公開!

記事内に広告が含まれています。

女優の吉岡里帆が印刷インキ、有機顔料世界トップシェアの化学メーカー・DIC株式会社の企業CM「DIC岡里帆」シリーズの第5弾に出演。

吉岡里帆 DIC株式会社「DIC岡里帆」シリーズ第5弾CM
吉岡里帆 DIC株式会社「DIC岡里帆」シリーズ第5弾CM 

吉岡CMで演じるのは、化学が好きで好きでたまらないDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)というキャラクター。これまで4年間続いてきたシリーズで、今回は大学の化学研究室を舞台に、大学生と「藻」の未来について語り合う。

スポンサーリンク



食糧問題、環境問題の解決のカギになりうる存在であることや、画期的な化粧品材料としても使用できることなど、「新しいソリューションの宝庫」である藻の将来性についてDIC岡里帆が目を輝かせながら語り合う。多くの人にとってまだ知られていない化学の未来が見える内容となっており、藻に秘められた「ただものじゃない」魅力と可能性が気づきを与え、あらゆる人々が楽しめる内容になっている。


CMの放送を記念して、撮影風景と吉岡へのインタビューが公開。インタビューでは、2024年の抱負、吉岡の隠された特技について、成人の日が近いことにちなんで吉岡がデビューした20歳当時の思い出についても語ってもらった。また、藻についてもっと詳しく知ることができる「クイズ!藻問題(もーまんたい)」にも挑戦。藻の「意外な」用途に、吉岡は驚きを隠せない。同様のクイズは1月11日(木)よりDICのウェブサイト上で「藻について藻っと詳しくなるキャンペーン!クイズ!藻問題」として公開。誰でもDIC岡里帆が出題するクイズに挑戦することができる。

吉岡里帆「クイズ!藻問題(もーまんたい)」
吉岡里帆「クイズ!藻問題(もーまんたい)」



DIC岡里帆「未来のなかま 藻類」篇 30秒【DIC株式会社】



撮影風景

同じシーンを何テイクも撮り直す吉岡の真剣な姿や、打ち合わせに臨む貴重な吉岡の姿も。カメラを見つけると笑顔で手を大きく振る場面も。撮影中と休憩中のメリハリを感じるあたたかい雰囲気の中、撮影が進んだ。CM本編とはまた違う、吉岡の素の表情が垣間見える現場となった。



CM本編画像

吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より
吉岡里帆「DIC株式会社の企業CM」より




スポンサーリンク



吉岡里帆インタビュー

吉岡里帆
吉岡里帆

本日の撮影はいかがでしたか?

吉岡里帆:今日は1年ぶりのDICの撮影ということもあり、企画自体も一新されたので、新鮮に撮影しました。DICの撮影チームはいつも同じメンバーで撮っているので、やっぱりチームワークが良いのと、コンパクトでスピーディーなんだけど、的確に商品の良さや化学の面白さを伝えられるようなCM撮影になったかなと思いました。



今回のCMでは藻の意外な実力に迫りました。吉岡さんは藻のような隠された特技や、実は得意なことはありますか?

吉岡里帆:自分の仕事での特技で言うと、「どんなにセリフが長くても必ずCM15秒に収まりきるように話すことができる」ことです(笑)。前回のDICの企画が膨大なセリフ量だったんですけど、そこで鍛えられたんだと思います。



「化学を超えろ。」をスローガンに挑戦をやめないDIC。吉岡さんがこれから新しく挑戦したいことを教えてください。

吉岡里帆:「藻」が今日のテーマだったんですけど、藻って1つで何役もこなせるっていうのが素晴らしいなって思ってて。私もそんな藻のような女優になりたいなと思っているので、色々な仕事を手探りしながらやっているんですけども、まだ海外でDICロケってしてないなと思っていて。国内でももちろんDICの商品の良さは伝えられるんですけども、世界交流みたいな。海外で交流をCM(撮影)でもしたいなと思ってます。



新年を迎え、もうすぐ成人の日です。吉岡さんは20歳でデビューされましたが、デビュー当時の印象的な出来事について教えてください。

吉岡里帆:デビュー当時は、まだ20歳のころなので、本当に何も分からなくて。とにかくオーディションで的外れなことばっかりしてたなって記憶はあります。当時の自分にもうちょっとアドバイスしたいです。絶対それ受かんないから!って(笑)。



1月15日は吉岡さんの誕生日です。昨年は30歳という節目の年でもありました。30歳の1年はどんな年でしたか?

吉岡里帆:また、新しい1年への意気込みも教えてください。本当に慌ただしい1年でした。30歳になる1年前からデビュー10周年と30歳の記念の写真集を撮ったりしてたので、(実際に)30歳になるころには31歳くらいの気分になってて。1年分早歩きで進んだなって感覚があります。どの仕事も本当にやりたかったことに巡り会えたりですとか、DICさんともまた縁が繋がったりとか、本当に嬉しいことが多い1年になったかなと思ってます。2023年は本当に撮影に没頭する1年だったので、新しい1年は一旦落ち着いてもいいかなと思わせといて、またバリバリ働きたいです(笑)。頑張ります。



意気込みも語っていただきましたが、そんな新しい1年、2024年への抱負を漢字一文字で表すとしたら何になるでしょうか?是非お手元にお書きください。

吉岡里帆:じゃん!(テロップを出す)「水」。これは、今日撮影してて感じたことだったんですけど、藻の揺らめきを見ててすごい癒されて。(毎日)本当に慌ただしすぎてこの揺らめきみたいな(ゆったりとした時間)って、今の生活に無いなって思ってて。「水」があればいいんだって。藻も水の外に出されたらカピカピになっちゃうと思うんですけど、水に揺蕩う感じがすごくいいなと思ったので「水の中にいる藻のように」ということで。(私も)水の流れにのるような優しい流れにのって、来年頑張りたいなと思ってます。


【クイズ!藻問題】

「藻が“ただものじゃない”その理由とは?」と出題。「A:食べられる」「B:プラスチックになる」「C:化粧品材料になる」という3択に対し、「これは多分ひっかけ問題!」とにらんだ吉岡は1つではなく、AとCの2つを選択。見事AとCはともに正解で、笑顔を見せる。しかしなんとBも正解で、司会者から「藻から抽出したオイルがプラスチックの代替資源として期待されているんです」と説明を聞くと「意外でした。まだまだでした…」と悔しげなリアクションを見せた。


クイズ!藻問題に挑戦いただきましたが、挑戦してみてどうでしたか?

吉岡里帆:勉強になりましたね。藻の凄さっていうのは、本当こうDIC岡里帆を通してたくさん発信し続けてたんですけど、また新しい発信できること増えちゃったなと思って、ワクワクしております。



CM動画を見てくださったみなさんに一言お願いします。

吉岡里帆:みなさん、DIC岡里帆です。今回の新CMはですね、藻の凄さについて熱く語っております。DIC岡里帆としても今回新しい発見もありましたし、みなさんにとっても本当にこう生活を彩ってくれるようなそんな新しい情報かなと思います。今日はありがとうございました!


テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました