山口真帆が映画『ショコラの魔法』で映画初挑戦!コメント到着!

2021年に公開予定のファンタジーホラー作品の映画『ショコラの魔法』(原作:みづほ梨乃/小学館/ちゃおホラーコミックス)に元NGT48の山口真帆が映画初挑戦で初主演することがわかった。

©2021 みづほ梨乃・小学館/映画「ショコラの魔法」製作委員会

本作「ショコラの魔法」は小学館の人気雑誌『ちゃお』に掲載され、シリーズ累計100万部を突破し、アニメ化されるなど10年に渡り少女漫画として愛されてきた作品。この人気作「ショコラの魔法」の主人公となるショコラティエである魔法使い・ショコラ役を2019年にNGT48を卒業した山口真帆が演じ、魔法のチョコレートを使って人の“欲”と“夢”をそれぞれの道へと導く。

山口真帆

また本作の監督はドラマ「SUITS」シリーズや「ほんとにあった怖い話」シリーズなどを手がける森脇智延。ファンタジーホラーを得意とする森脇智延が手掛けた本作はネオ・ファンタジーホラーとして期待が高まる。撮影は昨年2020年大晦日で終了していて、共演者等の発表は後日リリースされる。

森脇智延
ストーリー

食べるだけで願いが叶う不思議なチョコレート。そんな魔力を宿したチョコを作るのは、美しき魔女であるショコラティエ・哀川ショコラ(山口真帆)。ショコラの屋敷は奥深い森の中に存在し、強い願いを持つ者のみ屋敷にたどり着くことができる。ただしチョコを食べた者は、チョコのお代として、その者の“一番大切なもの”を奪われるという--。この噂を信じ、とある女子高生が願いを胸にショコラの屋敷へと向かう。しかし、彼女が望んだ願いとは欲望に満ちた良からぬ物だった…。

山口真帆 プロフィール

1995年9月17日生まれ。青森県出身。研音所属。2015年、NGT48第1期オーディションに合格し、芸能界デビュー。2016年NGT48正規メンバーに昇格。2019年5月でグループを卒業し、研音に移籍。2020年1月にドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ系)で女優デビュー。同年9月に「走れメロス~文豪たちの青春~」で舞台に初出演。


山口真帆 コメント

私自身、小学生の時ちゃお読者だったので、お話を頂いた時はあの時に戻ったかのように心躍りました。原作のみづほ梨乃先生の描くショコラはとても可愛くて、原作を読み進める程、ショコラの可愛さに魅了され、待ち受け画面もショコラにする程、先生の描くショコラが大好きです。ですが、ショコラに魅了される程、映画初出演で初主演の私に務まるか不安になりましたが、スタッフや共演者の方々の協力があって乗り越えられました。衣装やヘアメイクも忠実に再現されているので、そこも注目してほしいポイントです。私が演じるショコラは願いの叶うチョコレートを作るショコラティエで、願いを叶える代償としてその人の大切な何かを頂くのですが、それがハッとさせられる意外なものなので、色んな世代の方に楽しんで頂けるのではないかと思います。是非家族でも楽しんで観て頂きたいです。


森脇智延監督 コメント

原作の持っている力に負けないように、美しさと怖さを意識して撮影しました。学園モノのキラキラした感じとホラー要素の融合をお楽しみいただけると思います。衣裳メイクテストの時は戸惑っているようだった山口真帆さんも、撮影初日カメラの前に立った時には、美しさと怪しさを兼ね備えた哀川ショコラそのものでした!是非、劇場で観ていただけたらと思います。


原作者:みづほ梨乃 コメント

実写映画化、とても嬉しいです! 素晴らしい方々に携わって頂いているので、ショコラを知っている方はもちろん、知らない方も楽しんでいただける内容間違いないです。ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

映画『ショコラの魔法』

キャスト:山口真帆 他(後日発表)

原作:みづほ梨乃「ショコラの魔法」(小学館/ちゃおホラーコミックス)

監督:森脇智延

脚本:金沢達也

製作:映画「ショコラの魔法」製作委員会

制作:FILM

配給:イオンエンターテイメント

宣伝:キグー

©2021 みづほ梨乃・小学館/映画「ショコラの魔法」製作委員会

公式サイト:https://www.themagicofchocolate-movie.com/


2021年初夏、全国順次公開予定

タイトルとURLをコピーしました