黒崎レイナが自衛隊オフィシャルマガジン『MAMOR』(マモル)6月号の撮影風景を自身の公式YouTubeチャンネルで公開!

女優・モデルの黒崎レイナが4月21日(水)発売の自衛隊オフィシャルマガジン『MAMOR』(マモル)6月号の表紙を飾った。黒崎レイナの公式YouTubeチャンネル「黒崎レイナのCANVAS」では、その撮影風景を4月17日(土)19時より配信する。

黒崎レイナは、2011年のドラマ『ハガネの女 season2』で女優デビュー。女優業と共に2011年から2014年までファッション雑誌『nicola』(新潮社)で、2015年から2018年まで『Seventeen』(集英社)で専属モデルとして活躍してきた。その後、『仮面ライダーエグゼイド』西馬ニコ役で注目を浴び、数々のドラマやCMに出演。5月29日(土)からは、自身初の舞台出演作品となる第42回吉川英治文学新人賞を受賞した加藤シゲアキ原作・脚本で話題の舞台『染、色』への出演が決定しており、今後も目が離せない女優の一人。


公式YouTubeチャンネル「黒崎レイナのCANVAS」では、多彩な色に染まっていく真っ白な「CANVAS」をチャンネルイメージとし、特技とするイラスト作成を披露したり、ASMR企画やネコカフェやおもちゃ屋へ外ロケに行く模様を配信してきた。TwitterやInstagramなどのSNSとはまた違う素の黒崎が見られることもあり、ファンからは「可愛くなって惚れそう」「ファンとしては嬉しい」などあたたかいコメントが寄せられている。

4月17日(土)19時に配信される動画では『MAMOR』6月号(扶桑社)の撮影で茨城県にある百里基地へ伺い、実際のものと同じデザインの制服とフライトスーツの2着の衣装を身にまとい、撮影を開始。1着目は、自衛隊の制服で館内にて撮影。サラサラの黒髪ロングヘアをなびかせながらポーズを決める黒崎に思わずスタッフからは「アジアンビューティー」と絶賛する声が上がる。


続いて2着目は、胸元に百里基地所属の第3飛行隊のワッペンがあしらわれた緑のフライトスーツへ。ヘアスタイルも三つ編みでまとめ、1着目の自衛隊の制服を着た可愛い印象から打って変わって凛々しい姿を見せる。そして初めて実際に使われている戦闘機F-2を目の前にすると、一気にテンションが上がり「凄い!」と終始興奮を隠せない様子。その後も、戦闘機に乗る際に着るパンツ”gスーツ”を身にまとい、F-2戦闘機に実際に乗りこむなど、自衛官さながらの迫力溢れる本格的な撮影が行われた。

動画ラストでは、今回の貴重な体験に感謝をしながら楽しい時間を過ごせたと語り、「色んな人に(雑誌を)見て欲しい」というコメントで動画を締めくくった。『MAMOR』6月号発売に先駆け公開される本動画で、一足先に撮影風景を楽しんで欲しい。

黒崎レイナ プロフィール

1998年11月11日生まれ。愛知県出身。ホリ・エージェンシー所属。

2011年に放送されたテレビ朝日「ハガネの女 season2」にて芸能界デビュー。『nicola』『seventeen』の専属モデルを経て、『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日)、『中学聖日記」(TBS系)、映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」などドラマや映画にて数々の話題作に出演。女優、ファッションモデルとマルチで活躍の幅を広げている。

黒崎レイナのCANVAS
チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCVI9flqftknXnQHSiUSCuVw/featured

記事で紹介した動画は4月17日(土)19時より配信

タイトルとURLをコピーしました