小野莉奈主演の映画『POP︕』劇場公開が決定!唯一無二の世界観を表現した特報映像が解禁!

若手クリエイターの登竜門的コンペティションMOOSIC LAB[JOINT]2020-2021でグランプリ&最優秀女優賞(小野莉奈)W受賞した、オトナたちが抱える欺瞞と矛盾をシニカルさたっぷりに描き出すコメディ映画『POP︕』が2021年12月より、新宿武蔵野館ほか全国にて公開決定されることがわかった。また、特報映像が解禁!三⽊聡(映画監督)・ニ宮健(映画監督)・長尾謙⼀郎(漫画家)・せきしろ(作家・俳人)ら著名⼈からの絶賛コメントも到着した。

地方テレビ局のチャリティー番組でオフィシャルサポーターをつとめる19歳の柏倉リン。番組内ではハート型のかぶりものを被り、「世界平和」を謳って募金を呼びかけているものの、実生活では周りの大人達とは馬が合わず、バイト先でも上手くいかないことが多い。徐々に社会の欺瞞&不寛容さに苛立つリン。やがて二十歳という⼈⽣の節目を迎えることになるが…子供と大人の狭間で、社会の欺瞞と不寛容さにもがきながらも成長する主人公の姿を、ポップな映像とシュールな解釈で紡ぎあげるシニカルコメディが誕生した︕


主人公・リンを演じるのは、昨年大ヒットを記録した映画『アルプススタンドのはしの方』『テロルンとルンルン』に出演するなど、今最も注目が集まるインディーズ映画界のミューズ・小野莉奈。本作で【MOOSIC LAB [JOINT]2020-2021】最優秀⼥優賞を受賞した。撮影時を振り返り、「私もリンちゃんと同じく19歳から二十歳という節⽬を迎えていました。⼦供から大人になった私の本当に沢⼭の、複雑な思いをリンちゃんに沢山投影して演じています」と語る。


純度100%のクリエイティビティを前⾯に押し出し、唯⼀無⼆の世界観を展開したのは、小村昌⼠監督。初⻑編監督作となる本作では、シニカルな笑い満載でオトナと社会の⽭盾を描き出し、【MOOSICLAB[JOINT]2020-2021】グランプリを受賞。物語を独特なビートで彩るのは、東京ビート・シーンで活躍する若き奇才ビートメイカーのAru-2。小村昌⼠監督からの熱烈なラブコールで実現したコラボレーションによって⽣まれた楽曲と映像のケミストリーもまた、邦画という枠組みをぶち破り世界へと向けた⾶躍を感じさせる。


本日解禁された【「POP︕」からのお知らせ】と題された特報映像では、小野のほか、三河悠冴・⼩林且弥・野村⿇純・⽊⼝健太・成瀬美希・中川晴樹ら登場⼈物たちがAru-2のビートと共に映し出され、シュールな作品観が表現されている。多彩な表情を⾒せるリンのカットに、「本⾳のままじゃ、オトナになれません。」との印象的なコピーが添えられたティザービジュアルもお披露⽬となった。さらに著名⼈からの絶賛コメントも到着。三⽊聡(映画監督)は「ある種のズレがグルーヴを産み、ある種のスキマが⽇常の表層の奥にある真実をさらけ出す。そんな映画。今まで触ったことのないおかしみが存在し、意識したことすらない感情が表沙汰になる。笑えるほど酷い話ですわ。 」と称賛を送る。二宮健(映画監督)も、「少⼥の日常に潜む、不寛容な地獄めぐりをコーエン兄弟の初期衝動のような、奇想天外でシニカルな眼差しで描き切っている。」と絶賛。他に漫画家の⻑尾謙⼀郎、作家・俳⼈のせきしろからもコメントが到着している。映画『POP︕』は2021年12⽉より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。


『POP︕』特報


ストーリー

地⽅テレビ局のチャリティー番組でオフィシャルサポーターをつとめる19歳の柏倉リン。番組内ではハート型のかぶりものを被り、「世界平和」を謳って募⾦を呼びかけているものの、実生活では周りの大人達とは⾺が合わず、バイト先でも上⼿くいかないことが多い。徐々に社会の欺瞞&不寛容さに苛⽴つリン。やがて二十歳という⼈⽣の節目を迎えることになるが…


主演・小野莉奈(柏倉リン役)コメント

2020年の夏にPOP︕の撮影をしたのですが、当時、私もリンちゃんと同じく19歳から20歳という節目を迎えていました。⼦供から大人になった私の本当に沢⼭の、複雑な思いをリンちゃんに沢⼭投影して演じています。POP︕は映画館のスクリーンで観ることを計算しながら、作品を作ったと監督・脚本の小村さんがおっしゃっていました。本当にその通りで、映画館で観る事でよりこの作品の魅⼒を感じていただけるのではないかなと思っています。このようなご時世ですがどうぞPOP︕をよろしくお願いします。


三⽊聡(映画監督)コメント
ハートだか尻だか判然としない。どっちでもいいが、どっちでも良くはない。それが全てなヒロインの⽇常にズレとスキマ。そんな映画。ある種のズレがグルーヴを産み、ある種のスキマが⽇常の表層の奥にある真実をさらけ出す。そんな映画。今まで触ったことのないおかしみが存在し、意識したことすらない感情が表沙汰になる。笑えるほど酷い話ですわ。とにかく、ヒロインがずっと⽬が点。こんな映画初めてだす。


二宮健(映画監督)コメント
チャリティーサポーターを務める少⼥の⽇常に潜む、不寛容な地獄めぐりをコーエン兄弟の初期衝動のような、奇想天外でシニカルな眼差しで描き切っている。POP︕が魅せる新たなストレンジワールドを、思いっきり楽しんで︕


長尾謙⼀郎(漫画家)コメント
毎⽇、⽬の前の展開される「現実」と呼ばれるものが、夢か現実かはたまた映画なのか︖誰も証明できないわけで。ならばpop!に⽣きなきゃね。


せきしろ(作家・俳⼈)コメント
やるべきこととやらなくてもいいこと。話すべきことと話さなくてもいいこと。笑うことと泣くこと。その両者の間にある曖昧な部分。まるで夜でも朝でもない午前4時のような時間。そんな時間が好きだったことを思い出させてくれた。

スポンサーリンク

映画『POP︕』

出演:小野莉奈 三河悠冴 小林且弥 野村麻純 菊田倫行・木口健太 成瀬美希・中川晴樹

監督・脚本・編集:小村昌士

音楽:Aru-2

製作:FLaMme

制作:2G FILM / YAMATON PRODUCTION

配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト

配給協力:ミカタ・エンタテインメント

©2G FILM


2021年12⽉より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー︕

タイトルとURLをコピーしました