小野莉奈が主演の映画『POP!』新ビジュアルが公開!幾田りら・松本穂香らの絶賛コメントも到着!

12月17日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーされる女優の小野莉奈が主演を務める映画『POP!』のメインビジュアル&場面写真が本日公開された。

チャリティー番組でオフィシャルサポーターをつとめる柏倉リン(小野莉奈)。番組内では「世界平和」を謳って募⾦を呼びかけているものの、実⽣活では上⼿くいかないことが多い。徐々に社会の欺瞞&不寛容さに苛⽴つリン。やがて⼆⼗歳という⼈⽣の節⽬を迎え…。主⼈公・リンを演じるのは、⼤ヒットした映画『アルプススタンドのはしの方』、『テロルンとルンルン』に出演、さらにはNHK大河ドラマ「青天を衝け」に主⼈公・渋沢栄⼀(吉沢亮)の娘・うた役で出演も決定するなど、ネクストブレイクの呼び声も⾼い小野莉奈。

スポンサーリンク


本日解禁されたポスタービジュアルは、「本音のままじゃ、オトナになれません。」というコピーと共に、奇妙なハートの被りものを被ったリンのアンニュイな表情が映し出されている。野村麻純、小林且弥、劇団「ヨーロッパ企画」の中川晴樹、連続爆弾魔の⻘年に扮し怪演を⾒せる三河悠冴など個性的な⾯々の姿も確認でき、ポップかつシニカルな唯一無二の世界観が期待できる。

さらに、本作をいち早く鑑賞した多彩な顔ぶれの著名⼈からのコメントも到着。オトナたちが抱える欺瞞と⽭盾を描いた本作へ、多くの絶賛&共感の声が寄せられた。

スポンサーリンク


今泉力哉監督は、「シュールで笑えてお洒落で。すっごく好きです。⽇本の映画じゃないみたい。いや、どこの国の映画でもないみたい。」と⼤絶賛。女優の松本穂香は「考えても仕⽅ない事ほど考えちゃうし、深く考えなくてもサラッと成功しちゃう⼈はたくさんいる。そうなれたらいい事ぐらい、⾃分が⼀番分かってる。夢も希望も⾃分っていう存在すら、簡単に忘れられちゃうようなものなのかもしれない。それでもやってくしかない。⾃分なりに居⼼地のいいところを⾒つけてやっていく。なんとなく、そんな事を考える映画でした。」と振り返った。シンガーソングライターの幾田りらは「⾝の回りで巻き起こる出来事を通し、社会や大人に対する”違和感”を感じ始める主人公のリン。19歳から20歳、⼦どもから⼤⼈へとカテゴライズされていく狭間で、⼾惑いながらも⾃分なりの答えを⾒つけ出そうと奮闘する姿が、どこか歪で、そして勇敢でした。主演の小野莉奈ちゃんから溢れ出す、なんともいえない儚さが印象的で⼼を持っていかれました。脳裏に焼き付きついて離れない、この不思議な体験を、是非劇場でお楽しみください︕」と本作の独特な世界観を称賛した。映画『POP!』は2021年12月17日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。

ストーリー

地方テレビ局のチャリティー番組『明日のアース』でオフィシャルサポーターをつとめる女優志望の柏倉リン(19)“他愛のない会話”にのれず、“盛り上がる雰囲気”にも疎外感を覚えてしまうリンは、『明日のアース』を一緒に作るスタッフの菊田(菊田倫行)、庄司(小林且弥)、マイコ(野村麻純)らと本音の部分では打ち解けることができないでいる。女優としての仕事でも一人。アルバイト先でも一人。一人暮らしの自宅での話し相手はもっぱらAIという孤独。野外駐車場のもう一人のアルバイト監視員はいつまでたっても姿を現さず、駐車場には誰も利用しないのをいいことに一台の青い廃車が違法投棄されてしまう。モヤモヤは蓄積するばかり…ついに “ハタチ”という人生の節目を迎えることになるが…「大人ってなんだっけ?」果たしてリンは自分なりの答えを見つけることができるのか?


『POP!』特報



映画『POP!』

出演:小野莉奈 三河悠冴 小林且弥 野村麻純 菊田倫行・木口健太 成瀬美希・中川晴樹

監督・脚本・編集:小村昌士

音楽:Aru-2

エグゼクティブプロデューサー:井上義久

企画・プロデューサー:辻村草太

企画協力:直井卓俊

製作:FLaMme

制作:2G FILM / YAMATON PRODUCTION

©2G FILM

配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト

配給協力:ミカタ・エンタテインメント

公式サイト:https://idod.jp/


映画『POP!』2021年12月17日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー︕

タイトルとURLをコピーしました