カズレーザーが映画『アイの歌声を聴かせて』で声優に初挑戦!「本編の邪魔はしていないので、安心して(笑)」

ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれた映画『アイの歌声を聴かせて』。ポンコツなAIの主人公・シオンを土屋太鳳が演じ、もうひとりのヒロインであるサトミを福原遥、幼馴染のトウマを工藤阿須加、その他にも小松未可子、興津和幸、日野聡に加え、大原さやか、浜田賢二、津田健次郎ら実力派声優が集結した本作。土屋太鳳演じるシオンが転入する景部高等学校・担任役でお笑いタレントのカズレーザー(メイプル超合金)が声の出演していることがわかった。

意外にも本作が初めてのアニメ声優挑戦となったカズレーザー。アフレコ時には初挑戦とは思えないほどに淡々とこなしていき、一見スムーズに進んでいるようにも見えた。だが「役どころ的に最初は感情を入れずにやっていたんですけど、感情を乗せて喋ってくださいという指導をいただいてすごく恥ずかしかった」「普通に声を出したらなまっていると言われ、埼玉にもなまりがあったんですね、今まで意識してませんでした」などと、初のアニメ声優挑戦で実はいくつもの困難に直面していたことを暴露。

スポンサーリンク


また、今後挑戦してみたい役どころについて聞かれ「言葉で感情を表すのはめちゃくちゃ難しいですね、なのでもう感情がなにも無い人や犬など棒読みの役がいいです。声優のみなさん、本当にすごいなと尊敬します」と感想を述べた。今回、担任という役どころも初解禁となったカズレーザーだが「意識して聴かないとどこで出演しているかわからないくらい、本編の邪魔はしていないので、安心してご覧ください!」とコメントして笑わせた。映画『アイの歌声を聴かせて』は2021年10月29日(金)より全国公開される。

ストーリー

景部市高等学校に転入してきた謎の美少女、シオン(cv 土屋太鳳)は抜群の運動神経と天真爛漫な性格で学校の人気者になるが…実は試験中の【AI】だった!シオンはクラスでいつもひとりぼっちのサトミ(cv 福原遥)の前で突然歌い出し、思いもよらない方法でサトミの“幸せ”を叶えようとする。彼女が AI であることを知ってしまったサトミと、幼馴染で機械マニアのトウマ(cv 工藤阿須加)、人気 NO.1 イケメンのゴッちゃん(cv 興津和幸)、気の強いアヤ(cv 小松未可子)、柔道部員のサンダー(cv 日野聡)たちは、シオンに振り回されながらも、ひたむきな姿とその歌声に心動かされていく。しかしシオンがサトミのためにとったある行動をきっかけに、大騒動に巻き込まれてしまう――。ちょっぴりポンコツな AI とクラスメイトが織りなす、ハートフルエンターテイメント!

スポンサーリンク


映画『アイの歌声を聴かせて』

キャスト:土屋太鳳 福原遥 工藤阿須加 興津和幸 小松未可子 日野聡 大原さやか 浜田賢二 津田健次郎 咲妃みゆ カズレーザー(メイプル超合金)

原作・脚本・監督:吉浦康裕

アニメーション制作:J.C.STAFF

配給:松竹

歌:土屋太鳳

©吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会

公式サイト:https://ainouta.jp/


2021年10月29日(金)より全国ロードショー

タイトルとURLをコピーしました