映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』波瑠&成田凌が運命に翻弄されながらも互いを愛し続けた30年を描く

運命で結ばれた二人の30年を3月だけで紡ぐ、激動のラブストーリー。主人公の女性・結城弥生(ゆうきやよい)を演じるのは波瑠。数多くのドラマ・映画で驚きと感動を届け、国民的女優となった波瑠が、正しいことに真っすぐ突き進み、強い信念を持つ女性を演じる。もう一人の主人公・山田太郎(やまだたろう)、通称サンタを演じるのは成田凌。第41回日本アカデミー賞(2019年)で新人俳優賞を受賞し、いま最もスケジュールが取れない大注目俳優が、周りに流される弱さを抱えつつも、大切な人・弥生を人生かけて支えていく男性を演じる。

映画『弥生、三月 君を愛した30年』

若くして命を落とす2人の親友・サクラ役に、2020年のNHK朝ドラヒロイン・杉咲花。更には「中学聖日記」(TBS 2018年)で衝撃的なデビューを果たした、岡田健史が満を持して映画初出演。小澤征悦、黒木瞳といった実力派俳優陣も脇を固め、物語に更なる成熟と深みを与える。『家政婦のミタ』(日本テレビ)、『過保護のカホコ』(日本テレビ)、『同期のサクラ』(日本テレビ)など、数々の大ヒットドラマを生み出してきた稀代の脚本家・遊川和彦が今作で描くのは運命で結ばれた<二人の30年>を<3月だけ>で紡ぐ、激動のラブストーリー。昭和、平成、令和と時代を跨ぎ、運命に翻弄されながら、それでも運命を信じた二人の激動の30年に、この春、きっと涙するー。

場面写真

ストーリー

1986年3月1日。運命的に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。「もし、40過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラ(杉咲花)を病気で亡くした事で想いを伝えられずに、別々の人生を選んだ二人。子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見付け子供が産まれ…。しかし人生は順風満帆では無く、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を無くし、あの時、抱いていた夢は断たれてしまう。希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時30年の年月を超えて、亡き友・サクラからのメッセージが届くー。


映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』予告

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』予告【3月20日(金・祝)公開】

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』

出演:()は役名

  • 波瑠(結城弥生) 成田凌(山田太郎)
  • 杉咲花(渡辺サクラ) 岡田健史(あゆむ) 小澤征悦(白井卓磨)
  • 岡本玲 夙川アトム 矢島健一 奥貫薫 橋爪淳
  • 黒木瞳(山田真里亜)

脚本・監督:遊川和彦

音楽:平井真美子

製作:電通、東宝

制作プロダクション:ビデオプランニング

配給:東宝

© 2020「弥生、三月」製作委員会


2020年3月20日(金・祝) 全国東宝系にてロードショー

タイトルとURLをコピーしました