2.5次元俳優によるマーダーミステリー「マダミスマンション」染谷の部屋オフィシャルレポート

“マーダーミステリー×2.5次元俳優&声優”による唯一無二の物語を見て楽しむエンターテインメント「マダミスマンション」が3月20日(土・祝)に開催された。声優の最上嗣生がマンションの管理人を務め、「染谷の部屋」では染谷俊之、小南光司、大平峻也、和合真一、服部武雄、三原大樹の人気若手俳優が今回のイベント用に制作されたオリジナルマーダーミステリー『デーモンフェスティバル』をプレイした。

「染谷の部屋」レポート

協議の配役は下記の通りに決まった。

クロ→大平峻也/シロナ→服部武雄/ブラッド→染谷俊之/ヒスイ→和合真一/ブルース→小南光司/ダイダイ→三原大樹


全体的な議論は、ブラッド(染谷俊之)がリードしていき、それに対してみんなで意見交換をしていく流れ。序盤ではヒスイ(和合真一)の行動が疑われるが、あえて疑われるような言い訳を行い、場を混乱させていく。ゲームが大きく動いたのは中盤のとあるフェイズ。ゲーム中の謎アイテムの情報をブルース(小南光司)が得た結果、クロ(大平峻也)が怪しいとなり、みんなからの疑いの目が向けられるようになる。それに対して必死に弁明をするクロという図式が、舞台上での演技とは異なるリアルなリアクションでマダミすらしい展開となった。落ち着いた口調で他のキャラクターの追従をいなすシロナ(服部武雄)、自身のミッションを遂行するために暗躍するダイダイ(三原大樹)と、それぞれが活躍する中、ブラッド(染谷俊之)が特別な情報を入手。物語を見透かすように推理を披露し、それにブルース(小南光司)が同調する。しかし、他のプレイヤーから見たら、それ以外の可能性も捨てきれないという状況で、最後までどうなるかがわからない展開。最終的には「転生者」が選ばれ、さらに各プレイヤーが選択した内容によって様々なドラマチックな展開が描かれ終了する。まさにノンストップ議論、濃密な 90 分の物語が見事に紡がれていた。ゲームの後のアフタートークでは、ゲーム中でのあれこれが語られる。自身の秘密を公開し、ゲーム中の行動などが紐解かれていく様は、ミステリー小説の解決編さながらだ。各プレイヤーの点数を計算したり、自分の思惑を解説したりと尽きない感想戦は時間いっぱいまで繰り広げられた。

コメント

染谷俊之
すごく楽しかったです。綿密に作られた世界観で、とても推理もしやすかったです。ポンポコの存在に関して知っている人とそうでない人がいることに気が付いた時、ピンと来ました。要素がちりばめられていて、色々と推理が楽しかったです。とても気持ちよく、とても楽しかったです。ありがとうございました。

小南光司
キャラになりきって楽しめて、役としてもゲームとしても楽しめました。今回は、珍しく僕の頭が冴えていたなぁ……というのが嬉しかったですね。あとは、ポンポコフェイズでのじゃんけんも嬉しかったなあ。アーカイブも観られるので、結末を知っている上で色々な言動を楽しめると思いますのでぜひ見てください。

大平峻也
はじめてのマーダーミステリーでしたけども……結果オーライでした。シロナさんには感謝ですね。それにしても、周りのみんなが上手だったし、普通に僕、こういうゲームハマっちゃうタイプなので、次やる時は勝ちたいなって思います! ありがとうございました。

和合真一
今回、はじめて遊んでみたんですけど、役者が演じながらエンターテイメントに昇華できるゲームでしたね、これは流行りますよ。無限の可能性を秘めているということで、より一層新しいエンタメとしてのマーダーミステリーをみんなでやっていけたら良いと思います。非常に楽しかったです。

服部武雄
めっちゃ楽しかったです。やる前は不安だったんですが、やってみて、話し合うことで点と点が繋がっていくことがこのゲームの醍醐味でしたね。やり方もわかったので、また違う作品を遊びたいって思いました。

三原大樹
最初ルール説明を聞いてもよくわからなくて……。やっていくうちにドンドンその世界観に入っていって、最終的にこういう結末を迎えることができて、とてもハマりました。また遊びたいです!

マーダーミステリーゲーム「デーモンフェスティバル」
シナリオ制作・脚本:森地夏美
脚本監修:冨岡淳広
ゲーム開発・制作:有限会社ワンドロー


ライブ配信を見逃した方向けにも、視聴チケットが3月27日(土)20時まで販売している。

イープラス:https://eplus.jp/mmm/

タイトルとURLをコピーしました