広瀬すず「エル ベストアクトレス賞」を受賞!今年最も輝いた女優に!

「エル シネマアワード2022」の受賞者が本日発表され、今年最も輝いた女優に贈られる「エル べストアクトレス賞」に広瀬すずが決定した。

広瀬すず「エル シネマアワード2022」
広瀬すず「エル シネマアワード2022」

本アワードは2015年より始まり、ファッションメディア「ELLE(エル)」が、その年に公開された映画作品を独自の視点で選定する映画賞。広瀬すずは受賞作『流浪の月』で、過去の傷を背負い生きてきた女性を熱演。本受賞にあたって「賞という形で作品を通していろいろな方に届いたことはすごく嬉しくありがたいなと思います」と喜びのコメントを残した。

スポンサーリンク



【エル ベストアクトレス賞】広瀬すず

受賞作:『流浪の月』

受賞理由:2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうの傑作ベストセラー小説を映画化した『流浪の月』で松坂桃李とW主演を務め、誘拐事件の“被害者”というレッテルを貼られて生きてきた女性という難役を繊細に演じ、日本映画界に鮮烈な印象を残した。


受賞コメント:作品を賞という形でいただけたことは素直にものすごく嬉しいし ありがたいなと思います。そんな風に一人でも多くの方に自分が出た作品を通していろいろなものを届けられたんだなと実感できました。『流浪の月』はいまだに、きちんと観ることができないんです。共演者の方や、撮影チームが韓国から来てくださったので、自分にはない引き出しを発見できて、すごく刺激的な作品になっているので、自分自身では見返すことができていないです。今までは心の支えになるような作品が多かったのですが、何か自分を奮い立たせたいときに見る作品だなと思っています。感情に触れる瞬間までストイックに全員が向き合っていくというのは、かなりぜいたくで心強い現場でした。来年は、自分発信でいろいろできたらいいなと思います。私は自分から積極的に行動するよりも人についていくタイプなので、2023年は25歳になり、仕事を始めて10年経つので、ちょっとずつ自分自身でも動いていかなきゃ、自分で何か作っていかなきゃという気もしています。もうちょっと前のめりに(笑)。その行動力がほしいなと思っています。



「エル シネマアワード2022」

エル べストアクトレス賞:広瀬すず

エルメン賞:窪田正孝

エル・ガール ライジングアクトレス賞:河合優実

エル ベストディレクター賞:早川千絵 監督

タイトルとURLをコピーしました