小橋川建、髙橋雄祐、櫻井圭佑監督が登壇!映画『君に幸あれよ』初日舞台挨拶

記事内に広告が含まれています。

映画『君に幸あれよ』が2月4日(土)公開初日を迎え、主演の小橋川建、髙橋雄祐、櫻井圭佑監督が渋谷ユーロスペースで開催された舞台挨拶に登壇。公開を迎えた思いや撮影エピソードなどを語った。

映画『君に幸あれよ』初日舞台挨拶
映画『君に幸あれよ』初日舞台挨拶

本作は人に興味を持つことを避けてきていた裏社会で生きる男が、同じように荒んだ境遇ながら無垢な青年との出会いを通して少しづつ変わってゆくバディムービー。俳優・写真家としても活躍する撮影当時25歳の新人監督・櫻井圭佑が、ほぼ20代のキャスト・スタッフと共に作り上げた。


ほぼ満席の客席を前に小橋川建は「30歳になる歳に俳優をやめようか悩んでいた時に、コロナ禍で仕事が全く無くなって。そんな時に、監督をするから映画を作ろうといってくれたのが、ここにいる櫻井と(一緒にプロデューサーと出演を買って出た)高橋だった」と涙で声を詰まらせながら語る。

小橋川建
小橋川建

櫻井監督は、「長編映画を撮ろうと話が上がった2日後には脚本を上げ、その後瞬く間に人が集まり、2週間後にはクランクイン」したと作品が作られた経緯を明かし「この映画を撮らなければいけないと、強迫観念のようなものすら感じながら仲間と共に走り抜けました」と撮影時の想いを明かす。


奇跡的な出会いを経て集まったキャスト・スタッフについて「撮影当時僕も25歳、撮影の寺本(慎一朗)など30代以下の素晴らしいスタッフが短期間で揃い、熱い思いを注いでくれた。俳優やスタッフって、番手が高い人が優遇されて、これまでも苦い思いをを感じていたので、僕が初監督をやるとなった時には、スタッフ・俳優みんなが作品について意見を言い合えて、立場も関係なく、みんなが作品に責任をもてる、そんな現場がいいなと思っていて。小橋川が筆頭に立ってみんなをまとめてくれたから、僕はそれにのっかって、みんなが熱い思いで作れた。20代だからこその空気感でできた現場でした」と、2年前の熱い現場について話した。

櫻井圭佑
櫻井圭佑

共同プロデューサーであり、主演の小橋川や監督の櫻井と、この映画を作るキーマンのひとりである髙橋は「脚本を読んだ時に、櫻井監督の温度が伝わってきて。暖かさというか愛みたいないものが、それがにじみ出たらよいなと思って一生懸命演じました」と、映画の理人さながらの雰囲気で話すと、MCの伊藤さとりからも「まるで映画から抜けたしたよう」と、そのキャラクターを絶賛。

髙橋雄祐

最後にサプライズで、髙橋と櫻井監督から花束が小橋川に送られ「彼に幸あれと始まった映画ですが、ひとつの可能性を見せてくれたし、僕らはこの映画があって既に救われていて、ここに立てているってことが、この映画に生かされたと思っていますし、この映画を機にもっともっと精進していきたいと思っています」と締めくくった。映画『君に幸あれよ』は渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開。

スポンサーリンク




映画『君に幸あれよ』

出演:小橋川建、髙橋雄祐、玉代勢圭司、海老沢七海、久場雄太、浦山佳樹、鈴木武、二宮芽生、松浦祐也、中島ひろ子、諏訪太朗

監督・脚本・編集:櫻井圭佑 

撮影:寺本慎太朗

照明:渡邊大和

助監督:柳田鉱

撮影助手:長橋隆一郎 

録音・整音:寒川聖美

ヘアメイク:UBI  

制作:鹿江莉生

音楽:鶴田海王 

アソシエイトプロデューサー:前信介

プロデューサー:小橋川建、櫻井圭佑、髙橋雄祐

配給・宣伝:MAP


渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました