酒井大成が『王様戦隊キングオージャー』で初主演!クワガタオージャー(レッド)・ギラ役

俳優の酒井大成(さかい・たいせい)が、2023年3月5日(日)にスタートするスーパー戦隊シリーズ最新作『王様戦隊キングオージャー』に出演することが発表された。酒井は、守護神が宿る最強国「シュゴッダム」の“自称”王様クワガタオージャー・ギラ役を演じる。また、酒井は今作が初主演作品。

酒井大成『王様戦隊キングオージャー』
酒井大成『王様戦隊キングオージャー』/ ©テレビ朝日・東映AG・東映

今作は圧倒的な強さの象徴である5人の王様たちがヒーローとなって昆虫モチーフのロボとともに敵と戦い平和を守る、【5人の王様×昆虫ロボ】というスーパー戦隊シリーズ史上初の組み合わせ。酒井は、芸能事務所レプロエンタテインメントが昨年実施した創立30周年企画「主役オーディション」にて合格した俳優のひとり。酒井は自身のSNSで『王様戦隊キングオージャー』出演を報告し、「沢山の方に夢や勇気を届けられるよう精一杯頑張ります。酒井演じるギラを1年間、応援よろしくお願いします」とコメント。


平和を守る王様たちの活躍を描く本作の脚本を担当するのは高野水登。ドラマ『真犯人フラグ』や、ドラマ・映画『賭ケグルイ』などの話題作をはじめ、『仮面ライダーゼロワン』(第23、24 話)も手掛けたヒットメーカーが、王様ヒーロー✕昆虫ロボという斬新な世界観で、スーパー戦隊シリーズの新たな扉を開く。


また、本作の監督は、これまで『騎士竜戦隊リュウソウジャー』や『仮面ライダー』シリーズなどを手掛けてきた上堀内佳寿也。ほか、アクション監督は自身もスーツアクターとして活躍する渡辺淳、特撮監督は佛田洋が担当することも決定している。2023年、最強の布陣が壮大なスケールで贈るスーパー戦隊シリーズ最新作『王様戦隊キングオージャー』に注目したい。

スポンサーリンク



酒井大成コメント

歴史あるスーパー戦隊シリーズのバトンを引き継ぎ、作品に携われる事がすごく嬉しいです。合格を聞いたときは、「まさか」という気持ちが大きく、何度も夢ではないかと確認した記憶があります。気持ちが落ち着いてからは、嬉しさ、不安、責任、など色んな感情が湧いてきました。ギラという役は、誰にでも同じ目線にたって平等に接したり、誰かのために自分を犠牲にできる優しさがあり、自分の芯をしっかりもった役です。何度も台本を読み込み、どうやったらギラの魅力を伝えられるのか、沢山考え向き合いました。まだ僕は経験が浅いので、目の前のことに一生懸命になることばかりですが、監督、プロデューサーの方、現場のスタッフの方々、そして出演者の皆さんに支えられて撮影に臨むことができています。僕が小さい頃もらっていたように、観てくださる皆さんに、夢や希望、勇気を与えられるよう、精一杯頑張りますので、作品を、そしてギラを愛してくれると嬉しいです。


酒井大成プロフィール

酒井大成プロフィール
酒井大成

1998年4月1日生まれ。福岡県出身。特技はフットサル。レプロ創立30周年記念「主役オーディション」にて合格し、2022年5月よりレプロエンタテインメントに所属。2023年1月より放送開始のBSテレビ東京「親友は悪女」にて初のドラマ出演を果たす。2023年3月5日より放送開始の「王様戦隊キングオージャー」にてクワガタオージャー(レッド)・ギラ役で初主演を務める。



王様戦隊キングオージャー

王様戦隊キングオージャー
©テレビ朝日・東映AG・東映

プロデューサー:大川武宏(テレビ朝日)大森敬仁(東映)矢田晃一(東映エージエンシー)

原作:八手三郎

脚本:高野水登

監督:上堀内佳寿也

アクション監督:渡辺淳

特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

©テレビ朝日・東映AG・東映