井桁弘恵、ファッションブランド「aquagirl」を舞台にしたショートドラマ『アクアガールズ』に出演!

井桁弘恵が主演のオリジナル短編ショートドラマ『アクアガールズ』が2020年4月15日(水)よりYouTubeにて公開される。4月21日(火)に第2話、4月27日(月)に第3話が同じくYouTubeにて公開予定。1話ごとに9分から15分で構成するショートドラマは、“涙、心揺さぶる感動が人生を彩る”をテーマに、憧れのアパレルメーカーに入社したひとりの新入社員 碧(井桁弘恵)が働き、成長をする奮闘の日々を描いたヒューマンドラマ。

井桁弘恵『アクアガールズ』

株式会社 ワールドの社員・碧(井桁弘恵)はついに念願のアクアガールに異動が決まり、 MDアシスタントのとして奮闘する日々をスタートさせた。期待と緊張を抱きながらも、『アクアガール25周年企画』へ碧も参加することに。様々な困難が立ちふさがるが、上司や同僚と時にぶつかり、時に助け合いながら、プロジェクトの成功を目指し成長していく。アパレルブランドで働く碧の”奮闘の日々”を描いたドラマは、主人公 碧と同世代の女性はもちろん、年齢や世代を超えて、誰もが共感出来るストーリーに仕上がっており、期待や不安でいっぱいになる新年度の時期に公開することで、夢の実現に向けて前に進む皆にエールを送りたい、という思いが込められている。ドラマのロケ地に、ワールド北青山ビルも多く登場し、リアリティーあるアパレルメーカーの姿が映し出されている。

ストーリー

株式会社ワールド の社員・碧(あおい) 。一途で活発な碧が会社に入った理由は、「姉の渚が好きだったアクアガールの服を作っている会社だから」。ついに念願の「アクアガール」への異動が決まり、MDアシスタントの仕事が始まった。異動して間も無く、「アクアガール」のブランド25周年企画に、期待と緊張を抱きながら碧も参加することに。思い出の中での、姉のドレス姿から着想を得て、コレクションブランド、「シクラス」とのコラボレーションを企画する。しかしそこには、カリスマデザイナーと呼ばれるこだわりの強いブランドディレクター三浦澪が立ちふさがり、「コラボはやらない」「忙しい」「工場のラインを空けられない」と門前払いされる。回想される姉とのやりとり。姉がかけてくれた言葉が、碧を突き動かす。市場調査、トレンド調査、商品コスト、スケジュール等、上司や同僚と時にはぶつかり、時には助け合いながら碧は企画書を練り直し、何度も何度も「シクラス」へと出向く。感情豊かに愚直に、プロジェクトの成功を目指し一生懸命に向かってゆく碧の情熱が「感動こそ人生であると」我々に改めて思わせてくれる。想いが、人生を彩るのだ。


#01【 アクアガールズ 】aquagirlオリジナルショートムービー

#01【 アクアガールズ 】_aquagirlオリジナルショートムービー

#02 アクアガールズ aquagirlオリジナルショートムービー

アクアガールズ_#02 _aquagirlオリジナルショートムービー


#03アクアガールズ (最終回) aquagirlオリジナルショートムービー

アクアガールズ_#03 (最終回)_aquagirlオリジナルショートムービー



「アクアガール」オフィシャルサイト:https://store.world.co.jp/s/brand/aquagirl/

タイトルとURLをコピーしました