スポンサーリンク

天野友二朗監督『幸福な囚人』劇場公開決定!バイオレンスな予告編が解禁!

映画『幸福な囚人』の予告編&メインビジュアルが公開された。メインビジュアルは映画の内容を表現した人間の2面性を狂気的に表現した衝撃のビジュアルとなっている。2017年の初監督作『自由を手にするその日まで』で、現代社会に暮らす人間の孤独や心の闇を描きセンセーショナルな監督デビューを果たした鬼才・天野友二朗監督。映画『幸福な囚人』では抑圧された社会生活の中での人間の孤独、心の闇、愛、狂気を一貫してテーマにしてきた天野監督が、人間の二面性にフォーカスした極上の心理サスペンスとなっている。出演は『地獄でなぜ悪い』など話題作に多数出演の山中アラタ、『進撃の巨人』の児玉拓郎、『ジムノペディに乱れる』の小原徳子、『蠱毒 ミートボールマシン』の百合沙ら実力派が集結した。

ストーリー

無口で不器用な会社員の澤田(山中アラタ)は、不妊症をきっかけにうつ病になった妻(小原徳子)を献身的に支えるが、自身も次第に精神を病んでいく。そんな中、海外企業から岸本(児玉拓郎)という男が、同期として転職してくる。自分とは対照的に自信満々の岸本と親しくなるが、徐々に岸本の暴力性、猟奇的な一面を目の当たりにし、恐怖感を覚えていく。その一方で、危険な魅力のある岸本のカリスマ性に、徐々に魅せられていく。「もっと本能に忠実になれ」と岸本に吹き込まれ、心が揺れていく澤田。やがて澤田は、自分と同じく家庭に悩みを抱える女性社員の美奈子(百合沙)と不倫関係となるが、その美奈子にも社内で自分の立場を守るために「澤田から迫られた」と吹聴されて、裏切られる。絶望の中、澤田は、自分の中に眠る狂気的な一面を開放していく・・・

映画監督・脚本家 佐藤佐吉 コメント
トリアー?リンチ?フィンチャー?いや、違う。こんなバイオレンス映画今まで見たことがない。
パゾリーニ?ヘルツォーク?増村?いや、全然違う。確かなのは、監督が狂っているということだけだ。

プロデューサー 鈴木剛 コメント
こんなにも痛い愛を描いた映像美が過去あっただろうか?
それを演じきった俳優陣と、演出しきった新生、天野友二朗監督のこれからを期待する。
観る側が痛みをおぼえるストーリー。記憶から消えない映像美。
それにしても凄い才能がでてきたものだ。全てにおいて可能性を感じる。
鬼才なのか奇才なのか・・・天才なのか秀才なのか・・・
天野友二朗監督。全てを席巻していくことだろう。

『幸福な囚人』劇場版予告編
『幸福な囚人』劇場版予告編

製作・配給・宣伝:株式会社ABCライツビジネス

監督・脚本・作曲・他:天野友二朗

キャスト:山中アラタ・児玉拓郎・小原徳子・百合沙・池田良・みのすけ・BBゴロー他

公開:2019年12月6日~19日シネマート新宿、12月13日~19日シネマート心斎橋

©ABC RIGHTS BUSINESS, Inc.

映画「幸福な囚人」公式サイト:http://the-initiation.com