映画『峠 最後のサムライ』“幕末の風雲児”河井継之助の“熱さ”が伝わる場面写真

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩家老・河井継之助を描いた、国民的ベストセラー『峠』を映画化。計3度、1年半の公開延期を経て、松竹=アスミック・エース共同配給作品で6月17日(金)より全国公開される映画『峠 最後のサムライ』の場面写真が本日公開された。

映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』

監督・脚本は、黒澤明監督の助監督として数々の名作に携わり、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した初監督作品『雨あがる』以来、人間の美しい在り方を描いてきた日本映画界の名匠・小泉堯史。主演の“最後のサムライ”河井継之助を演じるのは、日本映画界を代表する俳優・役所広司。さらに、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢ら錚々たる豪華俳優陣が一挙集結。

スポンサーリンク


“知られざる英雄“河井継之助の不退転の覚悟と熱き心で正義を貫く姿を捉えた場面写真

本日解禁されたのは、役所広司演じる、河井継之助の強い覚悟と熱い眼差しが印象的な場面写真の数々。継之助が諸藩に先駆けて、いち早く取り入れた当時最新鋭の兵器・ガトリング砲で敵軍に狙いを定める瞬間や、臣下の松蔵(永山絢斗)を従えて、戦火から逃げ惑う町民の間を往く馬上の姿を捉えたカットからは、本作の激動の物語展開を十分に窺い知ることができる。


そのほか、長きに渡り数々の時代劇で卓越した演技を披露してきた役所らしい、凛とした佇まいと寸分の隙もない和装で藩主・牧野に接見する正座姿、開戦を迫る土佐藩・軍監、岩村精一郎(吉岡秀隆)に対し、故郷・長岡を守るべく幾度も和平交渉に臨む継之助の「背中」を捉えたショットや、「峠」の頂から故郷・長岡を遠く見つめる静謐さが際立つ写真からは、苛烈な運命を背負いながらも、リーダーとして決して未来を諦めることのなかった継之助の強い想いが見て取れる。


その一方で、柔和な表情を浮かべながら妻のおすが(松たか子)に寄り添う微笑ましい一幕も切り取られ、敵軍から策士として恐れられた完全無欠のサムライとしてだけではない、家庭人としての一面も感じることが出来る。近年稀に見る本格歴史超大作であり、「静」と「動」を併せ持つ本作。動乱の幕末に生きた<最後のサムライ>。お楽しみに。

映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』
ストーリー

敵軍50,000人に、たった690人で挑んだ“最後のサムライ”

慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない、武装中立を目指す。戦うことが当たり前となっていた武士の時代、民の暮らしを守るために、戦争を避けようとしたのだ。だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交えるという決断を下す。妻を愛し、国を想い、戦の無い世を願った継之助の、最後の戦いが始まった……。

スポンサーリンク



映画『峠 最後のサムライ』

映画『峠 最後のサムライ』
映画『峠 最後のサムライ』

出演:

  • 役所広司
  • 松たか子
  • 香川京子
  • 田中泯
  • 永山絢斗
  • 芳根京子
  • 坂東龍汰
  • 榎木孝明
  • 渡辺大
  • AKIRA
  • 東出昌大
  • 佐々木蔵之介
  • 井川比佐志
  • 山本學
  • 吉岡秀隆
  • 仲代達矢

監督・脚本:小泉堯史

音楽:加古隆

原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)

配給:松竹、アスミック・エース

©2020『峠 最後のサムライ』製作委員会

公式サイト:https://touge-movie.com/


6月17日(金)全国ロードショー

タイトルとURLをコピーしました